1000円以下で運用できる格安SIMについて説明します。

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

年間で5万円以上節約できる場合も!

知ってますか?プロパンガスは自分で選べます

でも知らない人がほとんど。年間で5万円以上節約できる場合もあります

スマホの料金と一緒にプロパンガスの料金も見直してみてはいかがでしょうか?
※賃貸利用者、都市ガス利用者はあてはまりません

格安SIMは1000円以下で使える?

1000円以下の格安SIM

 

格安SIMへ乗り換えを検討しているという人は、ほとんどの人がキャリアのスマホ料金に対して不満を感じていると思います。中にはスマホ自体をあまり使わないため、機能は最低限だけでいいから極力安く使いたいという人も少なくはないでしょう。そこ今回は1000円以下で利用できるおすすめの格安SIMを紹介していきます。


1000円以下の格安SIM

@モバイルくん。

音声通話機能付きSIM
【LTE使ったぶ〜んだけプラン 800円/月】
モバイルくん

 

【@モバイルくん。 1000円以下で選べるプラン】

音声通話SIMプラン

LTE使ったぶ〜んだけプラン(500MB)

800円/月

1000円以下で格安SIMを運用することを考えるとデータSIMというのが一般的ですが、「@モバイルくん。」の音声機能付きSIM「LTE使ったぶ〜んだけプラン」は月額800円で利用することが可能です。データ容量は500MBです。mineo(マイネオ)の500MBのデータ専用SIMが700円/月ということを考えてもかなり割安感を感じることができます。1000円以下で格安SIMの運用を考えている人にはピッタリです!

 

モバイルくん詳細ボタンモバイルくん公式ボタン

 

DMMモバイル

データ専用SIM
【1GB 480円/月】
DMMモバイル

 

【DMMモバイル 1000円以下で選べるプラン】

データSIMプラン

ライトプラン(200kbps 無制限)

440円/月

1GB

480円/月

2GB

770円/月

3GB

850円/月

安さを売りにしているMVNOとしては、DMMmobileが代表的な存在です。LTE通信が使えて最も安いプランは1GBのプランなのですが、DMMmobileでは何とこれを480円から利用することができます。少し前まではDMMmobileの1GBプランは月額590円で、DTI SIMの1GBプラン、600円と競っていたのですが、2016年4月からは480円に値下げしてより一層お得感のある価格での提供となりました。

 

DMM詳細ボタンDMM公式ボタン

 

So-net(ソネットモバイルサービス)

データ専用SIM
【0 SIM 0〜1600円/月】

ソネット

 

【So-net(ソネットモバイルサービス) 0 SIM】

データSIMプラン

〜500MB

0円/月

600MB〜1.9GB

100円/月〜1500円/月

2GB〜5GB

1600円/月(定額)

究極に料金を押さえたいのであればSo-net(ソネットモバイルサービス)の「0 SIM」という手もあります。もともと2015年12月に発売された雑誌「デジモノステーション2016年2月号」の付録として誕生したのですが、評判が良かったのか翌月からは正式なサービスとして提供が開始されました。0 SIM月間500MBまでは無料で利用できる夢のような格安SIMです。

 

もちろん500MBを超えても使うことはでき、その場合は100MBごとに+100円の料金が発生します。データ通信料が2GB以上になるとそれ以降は1600円の定額になり最大5GBまで利用することができます。ちなみにこれを同じく使った分だけ料金が変化していくFREETEL(フリーテル)の料金と比べてみると以下のようなり、2GBや3GBのように中途半端な使い方をすると大幅な損となってしまうことがわかります。逆に500MB〜1GBまでに抑えられるのなら、これ以上にお得な格安SIMはありません。

 

「0 SIM」を使ったらキャリアプランには戻れない

 

【FREETEL料金表(5GBまで)】

データSIMプラン

〜100MB

299円/月

〜1GB

499円/月

〜3GB

900円/月(定額)

〜5GB

1520円/月

 

ソネットモバイルサービス詳細ボタン

 

au回線で1000円以下のプランは?

 

mineo(マイネオ)

データ専用SIM
【シングルタイプ500MB 月額700円
マイネオ

 

【mineo auプラン料金表】

データSIMプラン

500MB

700円/月

1GB

800円/月

3GB

900円/月(定額)

またここまで紹介してきたのはどれもドコモ系SIMを取り扱うMVNOですが、au系SIMでも1000円以下で利用できる格安SIMはあります。最も代表的なのはmineoですね。mineoはドコモ回線ととau回線の格安SIMを両方とも取り扱っているいわゆる「マルチキャリアMVNO」です。プランの数も豊富で、1000円以下で利用できるものだけをまとめても以下のようにとなっています(すべてのプランを合わせると5種類)。

 

しかもmineoのいいところは、容量の小さいプランを選んでも「フリータンク」を利用すれば最大1GBまで容量を補充することができるというところです。料金だけを見るとDMMmobileよりも料金が高く感じるかもしれませんが、実質700円で1.5GB、800円で2GB利用できますので考えようによっては非常にお得な格安SIMだと言えます。またmineoだけでなく、UQモバイルでも「データ高速プラン(3GBまで利用可能)」が980円から利用することができるので、au系SIMでも1000円以下で運用することが可能です。

 

au回線の格安SIM

 

マイネオ詳細ボタンマイネオ公式ボタン

 

 

ホーシム

 

ランキング1に推薦したのは「@モバイルくん。」の格安SIMです。値段だけ見ればDMMモバイルなのですが、一番おポイントは「@モバイルくん。」の格安SIMは音声通話SIMだという点です。「爆安」が売りのDMMモバイルでさえLTE1GBで1260円/月ですから、いかにお得かわかるのではないでしょうか?他のプランはそこまで割安感はないのですが、「LTE使ったぶ〜んだけプラン」はホントお得なプランです!

 

なぜただでさえ安いDMMmobileが値下げを決断したのかというと、「イオンモバイル」がこの2016年の2月から格安SIMに参入したからです。最安プランの料金は1GBでDMMmobileと同じく480円。さらに音声通話付きのプラン限定で500MBのプランが1,180円から利用することができたりもします。しかも実店舗のため即日MNPにも対応。まさに格安SIM界の風雲児となる存在かと思われていました。

 

しかしながらサービス開始初日に大きなトラブルが発生。なんと店舗でもネットでも回線契約の申し込みが全くできない状態になってしまったのです。結局1度すべての受付を中止する事態にまで発展。あまりにも申し込みが集中しすぎてサーバーがパンクしてしまったことが原因でした。もちろん今では復旧はしているのですが、やはり参入したばかりのためこういった大きめのトラブルが今後も発生しないとも言い切れません。やっぱり最安値で行きたいのなら、DMMmobileを選ぶのが安定の選択です。