家族割(データシェア)が可能な格安SIMを紹介します。

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

家族でのデータシェアや端末の2台持ちに

データシェア

 

家族でキャリアを揃えている為、格安SIMへの乗り換えに消極的な人も多いのではないでしょうか。しかし、実際には格安SIMにも家族向けのサービスは存在します。しかもキャリアと比べて料金を大幅に節約することが可能です。キャリアの家族針はパケット料金を家族でシェアして節約するというものです。人数が多ければ多いほどお得になりますが、それでも1人あたり5000円〜6000円程度の料金になりますので、大幅な節約にはなりません。

 

対して格安SIMの家族割りは、キャリアと同じようにパケット料金をシェアするものですが、1人あたりの料金は2000円〜3000円と大幅に節約することが可能です。家族全員で格安SIMへの乗り換えをするなら8GBや10GBの大容量プランを複数枚のSIMでデータシェアできる「複数枚SIM」のプランがおすすめです。

 

もちろん、複数枚SIMの契約は1人でもできますので、スマホとケータイ電話、タブレットの2台持ちを検討されている人にもおすすめのプランです。尚、追加で申し込むことが出来るSIMカードは2枚までで、1枚追加する毎に2000〜3000円の発行手数料が発生します。

 

【複数枚SIM(データシェア)プランのまとめ】

  • 家族でデータをシェアしながら使うことができる
  • 個人でも複数の端末にさして使うことができるので2台持ち等におすすめ
  • MVNOごとに格安SIMの発行手数料が違うので注意

複数枚利用が可能な格安SIM

IIJmio(アイアイジェイミオ)

音声通話機能付きSIM みおふぉん
【ファミリーシェアプラン(SIM3枚) 10GB 月額3260円
アイアイジェイミオ

月額料金

3260円/月

データ容量

10GB

最大SIM枚数

3枚

通信速度

225Mbps

SIMサイズ

標準/micro/nano

SIMの追加手数料

2000円/1枚

追加クーポン

200円/100MB

IIJmio(アイアイジェイミオ)の音声通話機能付きSIM「ファミリーシェアプラン」は家族での利用に特化したプランです。SIMは最大3枚まで使うことができ、高速通信のオン&オフの変更が専用のアプリで行えますので、通信量を節約しながら使うことができます。さらにSIMごとにデータ専用や音声通話機能付きなどという様に分けることも出来ますので、ヘビーユザーなら1人で契約してスマホやタブレットの2台持ちとして使っても良いでしょう。

 

通信速度はトップクラスで安定していますし、余ったデータの翌月繰り越しやデータを使い切った場合の追加クーポンを全国のローソンで購入できるなど利便性の高さも見逃せません!

 

 

ホーシム

 

IIJmioのファミリーシェアプランはSIMそれぞれに別番号を割り当てられます。MNPによる電話番号引継ぎにも対応しているので家族そろっての乗り換えにはピッタリです。

 

ここがポイント
  1. 家族で使うとお得な割引サービス有
  2. 高速通信のオン&オフで節約しながら使える
  3. 音声通話SIMとデータ専用SIMの組み合わせが可能

 

アイアイジェイミオ詳細ボタンアイアイジェイミオ公式ボタン

 

BB.exciteモバイルLTE

データ専用SIM
【4GB(SIM3枚) 月額1980

 

BBエキサイト

月額料金

1980円/月

データ容量

4GB

最大SIM枚数

3枚

通信速度

225Mbps

SIMサイズ

標準/micro/nano

SIMの追加手数料

3000円/1枚

追加クーポン

270円/100MB

BB.exciteモバイルLTEの「4GB(SIM3枚)」プランはデータ専用SIMのみで容量も最大4GBまでとなりますが、何と言っても料金の安さが魅力です。電話番号に特にこだわらなければ、電話アプリの導入で通話も出来ますし、1人でスマホやタブレットの2台持ちを検討しているなら非常におすすめです!

 

ここがポイント
  1. データ専用SIMのみだが料金が安い
  2. スマホやタブレットの2台持ちにおすすめ
  3. 下り最大224Mbpの高速通信が使える

 

BB.excite詳細ボタンBB.excite公式ボタン