格安SIMの中には、Wi-Fiスポットを無料で利用することができるものもあります。

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

年間で5万円以上節約できる場合も!

知ってますか?プロパンガスは自分で選べます

でも知らない人がほとんど。年間で5万円以上節約できる場合もあります

スマホの料金と一緒にプロパンガスの料金も見直してみてはいかがでしょうか?
※賃貸利用者、都市ガス利用者はあてはまりません

無料Wi-Fiスポットを利用できる格安SIM

無料Wi-Fiスポットを利用できる格安SIM

 

月末になると「容量が足りない・・・」

 

月末になるとデータ容量が足りなくなってしまう・・・。ブランを変更して容量を増やした方がいいのか?そんな人は外出時にWi-Fiスポットを上手く使うとデータ容量が節約できます。格安SIMの中には、全国各地にあるWi-Fiスポットを無料で利用することができるものもあります。

 

少ない容量のプランを選んでいると、常に容量を気にしなければならないので、こういったWi-Fiスポットはとてもありがたいですね。以前、「無料Wi-Fiで通信料を節約」という記事の中でも公共の無料Wi-Fiスポットを紹介しましたが、今回はWi-Fiスポットを無料で利用できる格安SIMを紹介していきます。

 

ドコモ回線でおすすめの格安SIM

 

au回線でおすすめの格安SIM

 


UQモバイル (Wi2 300 for UQモバイル)

UQモバイル

 

UQモバイルでも無料オプションとして「Wi2 300 for UQモバイル」を利用することができます。その名の通り「Wi2 300」のベーシックエリアを利用することができるサービスです。2016年7月15日からスタートしたサービスで、新規・既存・プラン問わず、すべてのユーザーが利用することができます。

 

■Wi2 300
株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスが提供している公衆無線LANサービスです。全国に20万ヶ所以上ものアクセスポイントを持ち、国内でも最大級の規模を誇っています。月額362円から利用することができるベーシックエリアと、さらに有料のチケット(1時間100円)を購入することで利用可能になるオプションエリアに分かれています。

 

 

UQモバイルの詳細を見る

 

 

ホーシム

 

UQモバイルではベーシックエリアを無料で利用することができます。そのため、20万ヶ所すべてでWi−Fi通信を利用することができるというわけではありませんが、それでも十分な数といえるでしょう。


OCNモバイルONE (Secured Wi-Fi、DoSPOT)

OCNモバイルONE

 

OCNモバイルONEでは、無料オプションでWi-Fiスポットを利用することができます。これまではトライアル期間だったのですが、2016年の7月から本格的にサービスを開始。4万ヶ所だったスポットも8万3000ヶ所まで増設されました。利用できるWi-Fiは「Secured Wi-Fi」と「DoSPOT」の2つです。

 

■Secured Wi-Fi
NTTブロードバンドプラットフォームが提供している公衆無線LANサービスです。全国で34000ヶ所のアクセスポイントがあり、さらにアプリをあらかじめアプリをダウンロードしておくことで、エリアに入れば自動接続まで行ってくれるという優れものですね。

 

■DoSPOT
NTTメディアサプライが提供している公衆無線LANサービスです。利用するには別途申し込みを行い、IDとパスワードを発行してもらう必要があり、またSecured Wi-Fiと違って自動接続もありません。しかし無料ユーザーでは1回15分、1日4回までという制限がありますが、OCNモバイルONEのユーザーなら制限なしで利用することができます。

 

 

OCNモバイルONEの詳細を見る

 

 

ホーシム

 

Secured Wi-FiDoSPOTは、全国のコンビニやファーストフード店をはじめ、カフェや駅、商業ビルなどに設置されています。


BIGLOBEモバイル (Secured Wi-Fi、DoSPOT、BBモバイルポイント)

ビッグローブ

 

BIGLOBEモバイルでも無料のWi-Fiスポットを利用することができます。ただし軽い条件つきで、BIGLOBEモバイルには以下の4つのプランがあるのですが、

 

  • 音声通話スタートプラン・・・1GBまで利用可能/音声通話付1400円(音声通話SIMのみ)
  • エントリープラン・・・3GBまで利用可能 データ通信専用900円/音声通話付1600円
  • ライトSプラン・・・6GBまで利用可能 データ通信専用1450円/音声通話付2150円
  • 12ギガプラン・・・12GBまで利用可能 データ通信専2700円/音声通話付き3400円

 

このうち無料オプションとして利用できるのは「ライトSプラン」「12ギガプラン」を契約しているユーザーのみです。それ以外のプランを契約している方は、有料オプションとして月250円が必要となります。

 

またこれらのプランを複数人でシェアしている場合も、無料で利用できるのは1人までとなっています。(2人目以降は同様に250円の有料オプションとして利用可能)すこし複雑ですが、利用できるアクセスポイントの数はOCNモバイルONEを上回る8万6000ヶ所!「Secured Wi-Fi」、「DoSPOT」に加え、「BBモバイルポイント」を利用することができます。

 

■BBモバイルポイント
BBモバイルポイントは、ソフトバンクが提供している公衆無線LANサービスです。公式ホームページによれば、全国に5200ヶ所のアクセスポイントがあるとのこと(2015年4月時点)全国のマクドナルドやJRの主要駅などで利用することができます。また東海道新幹線の車内でも利用可能なのも利用者にはうれしいポイントですね。

 

 

BIGLOBEモバイルの詳細を見る


ユーモバイル (Secured Wi-Fi、DoSPOT)

ユーモバイル

 

U-mobileでも「U-NEXT Wi-Fi」のオプションを無料で利用することができます。こちらで利用できるのは「Secured Wi-Fi」と「DoSPOT」の2つ、つまりOCNモバイルONEと同じです。基本的にはどのプランを選んでも利用できるのですが、唯一「U-mobile SUPER」の契約者だけは対象外になっています。

 

ホーシム

 

「U-mobile SUPER」はY!mobile回線を使った、10分以内の国内通話が月300回まで無料というオプションが付いたプランとなります。

 

こちらを申し込んだ場合、無料Wi-Fiをあきらめなければなりません。無料通話を選ぶか無料Wi-Fiを選ぶか・・・悩みどころですね。

 

 

ユーモバイルの詳細を見る


NifMo (BBモバイルポイント)

ニフモ

 

NifMoにも無料で「My NifMo」というオプションを利用することができ、無料でWi-Fiスポットに接続することができます。利用できるのはBBモバイルポイントだけで、アクセスポイント数も決して多くはありませんが、便利なのはMy NifMoのアプリです。

 

このアプリをインストールしておけば、自宅のWi-Fiルーターの電波や、BBモバイルポイントの電波をキャッチして、自動でWi-Fi接続へと切り替えてくれます。さらにこのアプリでは1日の通信量まで確認することができるので、これ1つあればNifMoのプランもオプションも最大限にまで活かせます。

 

 

NifMoの詳細を見る


ワイヤレスゲート (eoモバイルWi-Fi、Wi2 300、BBモバイルポイント、Fonスポット)

ワイヤレスゲート

 

ワイヤレスゲートは、おそらく格安SIMの中でも最も多くのアクセスポイントを利用できるMVNOです。ワイヤレスゲートには「480円プラン」と「Fonプレミアムプラン」という2つの料金プランがあるのですが、それぞれで利用できるアクセスポイントが異なります。

 

まずは480円プランから紹介していきましょう。250kbpsという低速度ながら、月の制限は無しという内容のプランなのです。このプランでは「eoモバイルWi-Fi」、「Wi2 300」、「BBモバイルポイント」の3つ、合計で4万ヶ所のアクセスポイントを利用することができます。

 

■eoモバイルWi−Fi
mineoでおなじみのケイ・オプティコムが提供している公衆無線LANサービスです。近畿圏のみでの展開なので、あまりご存知ないという方も多いかもしれませんね。ちなみに今年の3月でサービスを終了しているので、mineoに申し込んでも利用することはできません。ワイヤレスゲートのユーザーのみ、3月以降も(一部の鉄道エリアを除き)引き続き利用可能です。

 

続いてFonプレミアムプランの方も紹介していきます。こちらのプランは最大速度3Mbpsながら月の制限は無し、データ通信専用で1680円、音声通話付きで2980円というものです。そしてこのプランでは480円プランの3つのアクセスポイントに加えて、Fonスポットを利用することができます。

 

■Fonスポット
世界150ヶ国、1600万ものアクセスポイントがある世界最大級の規模を誇る無線LANサービスです。スペインに本社を置いている「FON」が提供しています。日本国内にも多くのスポットがあるといわれており、旅行でもプライベートでも活躍してくれること間違いなしでしょう。

 

もともとワイヤレスゲートは、この最大通信速度を見てもらえれば分かる通り、LTE通信にはそれほど力を入れていません。むしろWi-FiがメインでLTEはおまけといった感じです。もしWi-Fiをメインで使っていきたいと考えているのなら、第一候補になり得る存在ですね。

 

 

ワイヤレスゲートの詳細を見る


Wi−Fiスポットをを利用する際の注意点

Wi-Fiスポットを利用すれば、電波さえ良好ならLTEよりもずっと快適な速度で通信を行うことができます。とはいえすべてのアクセスポイントで良好な電波が確保されているとは限りません。もともと不特定多数の人が利用するものですし、建物の状況などで電波が遮断されているということもあります。Wi-Fiの特に5GHzの電波は元々外部の干渉を受けやすいという特徴があります。無料のWi-Fiスポットを利用できるというのはあくまで契約した格安SIMのメリットの一つと考えるべきです。

 

ドコモ回線でおすすめの格安SIM

 

au回線でおすすめの格安SIM

 

 

ホーシム

 

もし外でWi−Fiを利用するなら、必ずしも快適な速度が出るわけではないということを頭に入れておいてください。

 

例えば、とあるアクセスポイントでは10Mbpsほどの快適な速度が出たのに、また別の場所へ行ったら300kbpsほどしか出なかったなんてことも普通にあります。