格安SIMに乗り換えました。海外出張がキッカケで格安SIMに。

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

海外出張がキッカケで格安SIMに

格安SIMレビュー20代女性

 

格安SIMレビュー】タイ在住 20代女性 naohtkさん

MVNO

BIGLOBE SIM

格安SIM

音声通話SIM

プラン

スタンダードプラン

端末

Xperia L

満足度

4満足


海外出張をキッカケに格安SIMを考え始めました

現在使用している格安SIM(BIGLOBE SIM)について、レビューを書かせていただきます。格安SIMに乗り換える前は、4年ほどSoftbankのiPhone4を愛用していました。私がiPhoneを手放し、格安SIMに乗り換えたのは、海外出張が増えたことがきっかけでした。

 

主な携帯電話の用途は電話、メール、SNS、ネットサーフィン。海外出張で月の半分日本を離れていても、この程度の利用で月額8000円…。高い…。この際ガラケーユーザーに舞い戻ろうかとも考えましたが、SNSでの連絡が主となった現代社会ではスマホを手放すわけにもいかず、しぶしぶ毎月8000円の携帯料金を払い続けていました。

 

ドコモ回線でおすすめの格安SIM

 

au回線でおすすめの格安SIM

ソフトバンクの2年契約が切れるタイミングで格安SIMに乗り換え

私が格安SIMに乗り換えたのは、ソフトバンクの2年契約が切れるタイミングでした。知人の紹介で格安SIMの存在を知り、実際に使い始めたのは、ちょうど総務省がSIMフリー義務化計画を公式発表する少し前、2014年の秋頃からです。

 

現在は一応タイに拠点を置いていますが、仕事等で日本に度々帰国しておりますので、日本の携帯は常に契約した状態にしてあります。タイではタイの現地SIMを契約しており、2枚のSIMを入れ替えて使用しています。私はすでに海外用としてXperiaのSIMフリー端末を持っていたので、必要なことは格安SIMを選ぶことだけでした。自分なりに調べて比較し、検討した結果、私が選んだのはBIGLOBEが提供するBIGLOBE SIMです。

BIGLOBE SIMを選んだ理由

私がBIGLOBEの格安SIMを選んだ理由は、

  1. 当時まだMVNOへの信頼度が低い中、インターネットプロバイダとしての認知度が高かったこと
  2. 初期の段階から音声通話が可能なプランがあったこと
  3. 1日あたりのデータ通信料ではなく、一月あたりのデータ通信量による速度制限であること
  4. フリーダイヤルに電話した時の対応が非常に良かったこと

以上4点が大きな理由です。

 

「インターネットプロバイダとしての認知度が高い」というのと「電話した時の対応が非常に良かった」という点については、日常生活に欠かせない携帯電話で使う格安SIMのMVNOを選ぶ上で、私にとっては大きな安心材料でした。音声通話についても、メイン携帯として利用予定だったので、必須条件でした。今は音声通話が可能な格安SIMが他にもたくさんあるみたいですね。契約時に一瞬だけ携帯電話が使えなくなる空白期間がありますが、その間は社用携帯やWi-Fiを使えばなんとかなります。MNPができたのも良かったです。

 

即日MNP対応の格安SIM | 格安SIMおすすめ比較

 

難点としては、留守番電話サービスが付帯されていないこと。留守番電話サービスを利用したい場合には別途300円程度の月額料金がかかります。また、格安SIMは大手キャリアと比べて通話料金が高いです。電話をよくかける方のために通話パックが用意されているようですが、そこまででもないので私は申し込んでいません。

 

BIGLOBEでは「BIGLOBE電話」というアプリを通して電話をかけると、通話料金が半額になります。ただし、こちらはかけた相手には非通知設定と表示されてしまいますので、たまに電話にでてもらえないことがあります。その場合は通常の番号でかけ直さなければならないので、面倒な時は初めから通常料金で電話をかけてしまっています。

速度制限が一ヶ月単位というのが決め手に

速度制限設定は、私がBIGLOBE SIMに惹かれた一番の理由でもあります。他社では三日間ごとのデータ通信料で速度制限がかかるものや、3GB〜のプランしか用意されていない場合がありますが、私の場合、携帯電話を使う日と使わない日のデータ通信料にかなり開きがあるので、一か月単位で速度制限を設定しているBIGLOBEは魅力的でした。

 

格安SIMに乗り換える前、自分がいったい一か月にどれほどのデータ通信をしているのかをSoftbankに確認してもらったところ、「…1GB以下ですね。」これにより、自分のデータ通信料がおおよそ1GBであることがわかったので、BIGLOBE SIMの1GBで月額1400円の音声通話スタートプランに申し込みました。

 

BIGLOBEは月のデータ通信量が1GB以下であれば、余った分は翌月に繰り越しもできます。1GBを超えた場合の通信速度については、私はあまり気になりません。プライベート携帯なのでさほど急ぐことがないというのもありますが…。動画や重いファイルのダウンロードをする場合にできるだけWi-Fi環境で行うようにすれば、1GB以内で抑えることも難しくないと思います。

格安SIMにして1年、不自由を感じることはほとんどありません

こうして私の携帯料金は、大手キャリアを利用していたころとほぼ変わらない利用状況でありながら、月々約6000円も安く抑えることができました。使用開始から一年が経過しましたが、今も不自由を感じることはほとんどありません。格安SIMには二年間の縛りがなく(機種を同時購入すると条件が変わる場合もあるようですが…)、BIGLOBE SIMでは、使用開始から一か月で解約すると解約料が約10000円、二か月で9000円、3か月で8000円…というように、使用期間に伴って解約料が減っていきます。

 

私はすでに一年間使用しているので、いつ解約しても解約料がかかりません。満足すれば継続し、不満があれば気軽に乗り換えることができるのは、格安SIMの大きな利点です。2015年秋からBIGLOBE SIMは月額料金を200円値下げしたようです。価格競争の中で、低価格化と共にサービスも向上しているように感じられます。初めは得体が知れず不安でしたが、今は価格・使用感ともに満足しています。もし携帯料金を見直したいと思うタイミングがあれば、一度、格安SIMを検討してみる価値はあると思います。

 

BIGLOBE SIMの詳細を見る

 

>>BIGLOBE SIM以外のレビュー・口コミを見る