格安SIMに乗り換えました。格安SIMでタブレットを使った感想。

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

タブレットを格安SIMで使った感想

格安SIMレビュー20代女性

 

格安SIMレビュー】栃木県 20代/女性 shinosakidrgさん

MVNO

DMMモバイル

格安SIM

データSIM

プラン

3GB

端末

iPad Air 2

満足度

4.5満足


ドコモセルラーモデルのiPadを格安SIMで激安運用

私が現在使用しているのはDMMモバイルの格安SIM「高速データ通信プラン データSIM 3GB」月額850円(税抜)〜という激安SIMです。この衝撃的な安さ以上に魅力的なのが、なんと”SIMロックを解除することなく”ドコモセルラーモデルのiPadに使用できるという点です。

 

DMMモバイルはドコモの回線を使用しているので、SIMカードもドコモと同じものです。私はこのSIMを「iPad Air2 16GB」のドコモセルラーモデルに挿入して実際に使っています。ドコモでiPadを契約していた時の料金は以下の通りです。

 

iPadAir2 16GB ドコモセルラーモデル(73872円)。継続7ヶ月目に解約しました。

  • データプラン(スマホ/タブ)iPad 1700円
  • パケット定額料(XiデータSパック小容量2GB) 3500円
  • spモード 300円
  • AppleCare+ for iPad 423円
  • 月々サポート -2565円
  • ユニバーサルサービス料 2円
  • eビリング割引料 -20円
  • 端末代分割金 3078円

計6418円(税抜)

 

ドコモ回線でおすすめの格安SIM

 

au回線でおすすめの格安SIM

キャリアへの不満点は料金の高さでした

キャリアへの不満点はなんといっても料金の高さです。月々たったの2GBでこの値段です。私はやむを得ない事情により、メインのiPhoneをドコモからSoftBankに乗り換え契約したため、iPadだけドコモに取り残される形となってしまいました。現在使用しているiPhoneは iPhone 6の64GBです。スマホとタブレット間でデータ量をシェアするプランからタブレット単体のプランに変更した結果、iPadの運用料金が跳ね上がりました。

 

iPadをSoftBankの契約に組み込みたいところですが、「SIMロック」という壁があります。(2015年5月以前に発売されたモデルはSIMロックの解除ができません。) モバイルデータ通信を使用せず、Wi-Fiとテザリングで運用することもできるのですが、いかんせん面倒くさい。そこで、DMMの格安SIMを試してみることにしました。

格安SIMセットアップ時に注意したい点

まずはSIMカードを取り寄せます。iPadに挿入するので、サイズはnanoSIM。Amazon限定で販売されているこのSIMカード、通常3240円なのですが、なんと540円で入手できる。しかも送料無料。これを利用しない手はない。私はAmazonにて540円で入手したSIMを使用しておりますが、DMMモバイルのHPから購入しても、Amazonから購入しても製品自体は全く同じものです。パッケージや中身に違いはありません。

 

注文した翌日、さっそくSIMカードが届きました。カードには「ドコモ」のロゴが入っていて、これは信頼できそう。カードの台紙に書かれている手順にしたがって初期設定を開始。開通まで30分もかかりませんでした。

 

ここで注意しなければならないのが、iPadのSIM挿入スライドを開けるためのピンが同梱されていない点です。このピンはiPad端末購入時に付属しているため新たに購入する必要はないのですが、めったに使わないものであるためどこに保管したか忘れてしまうケースもあると思われます。手元にピンが無ければ、SIMカードと一緒にAmazonで購入しておくことをおすすめします。

実際に格安SIMにしてみて感じた満足度とデメリット

実際に使い始めてみて、これまでと全く変わらない通信速度、電波状況に大変満足しています。さすがドコモ回線。動画も問題なく視聴することができる。ただし、ドコモからDMMの格安SIMに乗り換える際には大きなデメリットがあります。

 

それはドコモでiPadの解約をした段階で、AppleCareもまた解約しなければならないという点です。AppleCareは端末の契約時でなければ加入できないため、今後Appleの保証サービスを受けられなくなってしまいます。万が一、水濡れや画面割れなどが起きてしまった場合、高額な修理代金がかかるというリスクを覚悟しておく必要があります。私が感じたその他のデメリットは以下の通りです。

 

  • ドコモによる端末代の実質割引である月々サポートが消滅する。
  • 2年縛り契約をしていた場合、違約金が発生する。
  • インターネット環境がなければ契約ができない。
  • 契約やSIMの挿入、初期設定を自分で行う必要がある。
  • DMMのアカウントを作る必要がある。DMMは20歳以上でなければ利用できないため、未成年はDMMモバイルの格安SIMを契約することができない。
  • 支払いにクレジットカードが必要。口座引き落としのサービスはない。
  • DMM Mobileは、ドコモセルラーモデルのiPadにSIMを挿入した際の動作保証をしていない。(ただし私は問題なく使用できました。)

 

これらの注意点をクリアできる方には、ぜひDMMの格安SIMをおすすめします。月額料金が安くなった分で、2年縛りの違約金はあっという間に回収できるし、長い目で見れば断然お得です。

 

DMMモバイルの詳細を見る

 

>>DMMモバイル以外のレビュー・口コミを見る