格安SIMに乗り換えました。ガラケーと2台持ち!格安SIMはやはり料金的に魅力がある。

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

年間で5万円以上節約できる場合も!

知ってますか?プロパンガスは自分で選べます

でも知らない人がほとんど。年間で5万円以上節約できる場合もあります

スマホと一緒にプロパンガスの料金も
↓ 見直してみてはいかがでしょうか? ↓


※賃貸利用者、都市ガス利用者はあてはまりません

ガラケーと2台持ち!格安SIMはやはり料金的に魅力がある

格安SIMレビュー30代男性

 

格安SIMレビュー】千葉県 30代/男性 voidさん

MVNO

FREETEL

格安SIM

データSIM

プラン

使った分だけ安心プラン

端末

Priori 3S LTE

満足度

3.5満足


ドコモのガラケーを8年間利用していました

格安SIM以前に私が前に使っていたキャリアはドコモです。ドコモは約8年間利用していて、その時はガラケーの「P07B」を使っていました。月額料金は2500円前後でした。ガラケーを使っていたのは単に料金が安く済むからです。2007年頃、周囲の友人たちが次々にガラケーからスマホに移行するなか、私はまだ学生でした。が、当時のスマホはまだ格安スマホの知名度すらない時代でしたので、社会人になるまで我慢しようと思いました。

 

ところが、それから3〜4年後に就職前にシステムエンジニア(PG)の方とお話してインタビューをさせて頂く機会を得ることができ、当時、格安スマホの「SAMURAI MIYABI(雅)」という端末を見せてもらい、おすすめだよと言われました。そのシステムエンジニアの方とは全くの他人でしたが、初対面にもかかわらず、「他人におすすめする程のものとはどんなものなのか?」と気にかかって仕方ありませんでした。(その後、フリーテルが提供している格安スマホだということがわかりました)

 

ドコモ回線でおすすめの格安SIM

 

au回線でおすすめの格安SIM

 

格安SIMは尊敬していた人と同じフリーテル

キャリアから格安SIMに変えた際はかなりの決断力が必要でした。なにせ、端末だけで数万円、しかも長年付き合ってきたドコモとの縁を切るわけですから、迷いに迷いました。当時、考えた抜いた末に電話がいきなりかかってきたら、面倒だから(特に電車内では)という理由で、電話の機能だけはドコモのガラケーを利用し、格安SIMは「FREETEL(フリーテル)」でデータ通信のみのものを購入しました。

 

フリーテルの格安SIMを選んだ理由は、以前私のインタビューに応じてくれたシステムエンジニアの方を尊敬していたので、その人の所有していたフリーテルの端末および格安SIMを使ってみたいと考えていたからです。今、フリーテルで契約しているのは「使った分だけ安心プラン」という従量課金制プランで、大体月に3GBくらい使っているので月額900円くらいです。

 

端末は同じくフリーテルの「Priori 3S LTE(プリオリ3S LTE)」です。格安SIMを購入したのは2015年頃でした。周囲からまだガラケー使っているの?珍しいと言われるのが日常的だったので、せめて電車の中でインターネットやGPSでの地図案内などを使いたく購入しました。結構慎重すぎるくらいに慎重な性格でした。

格安SIMにしてからの生活は不満もあります

私は格安SIMにしたとき、非常に案内の上手なスタッフと上手なパンフレットを頂けたので、なんの不安もなくSIMを家電量販店にて購入し、クレジットカード決済で契約しました。最初は1GBを超えない範囲で利用していたので、月額たったの500円(税抜き)でしたが、パソコンからWi-Fiを飛ばせるので、さほど大量にデータを利用することはありませんでした。

 

ただ、フリーテル社製のPriori3SLTEモデルでは、実際にこちらが利用したデータ量とフリーテルが請求するデータ量が若干異なる場合、「データ量をフリーテル側が水増しして請求してくる!?」と感じてしまうようなことが結構あります。正確には「フリーテルの計測するデータ量とお客様に請求するデータ量に誤差が生じる可能性があります」という条件によるものですが、具体的には1GBにつき最大100MBほどの誤差がありました。

 

なので酷い時だと1GBを超えない場合でも1GBを超えて3GBの請求をしてくるようなこともあります。そこだけは今でも少し不満を感じる部分です。とはいえ、キャリアの請求額に比べると格段に安いので、今のところ大した問題だとは感じていません。ただ、料金が安いので、だんだんと使用データ量が増えていきました。特にYouTubeを見るようになると、急にデータ量のメーターが上がるので、そこだけは気を付けていました。

 

自宅で格安スマホをWi-Fiで使う

 

無料でWi-Fiスポットが使える格安SIM

キャリアにしかできないサービスもあるけど

しかし、キャリアだからこそ、できるものもあり、例えば、私のPriori3SLTEですと、メールが届いても光らないのに、ドコモのスマホだとカラーで色を設定して光る。インターネットの決済で信用のあるキャリアの場合、キャリア決済が可能(ドコモのケータイ支払いなど)。キャリアが出しているIoT(ドコッチ)などの腕時計などはキャリアでないと利用できない。

 

2017年度までに私が調べた限りでは、無料通話の無制限サービスが格安スマホの場合、存在しない。ワンセグに対応している格安スマホがほとんどないこと。あとは、フリーテルのように、楽天に買収され、予期せぬ事態に遭遇するという不安。などがあります。といっても、あまり生活に影響を及ぼすものではないので、これからは格安SIMがどんどん普及していくことを期待しています。

格安SIMに統一するか検討中です

今は、ドコモガラケーとスマホの2台持ちをしていますが、ドコモの「ハーティ割引」というのを利用しているのもあって2台で月額2000円くらいに収まっています。やはり格安SIMは「料金的に魅力がある」これが、最も感じる恩恵です。3000円を超えることはほとんどありませんが、ガラケーだけだったころに比べるとインターネットの使い勝手は抜群に良くなりましたし、外出時にできることの可能性が広がりました。

 

実は一押し!ガラケーとタブレット、スマホの2台持ちについて

 

なぜ格安SIMの方が、安いのかという理由も理解してからは、心の中でドコモショップなんて土地建物、人件費の無駄だろう。そう常々思うようになりました。今後はMNPを予約してガラケーからの電話番号を引き継いで、ドコモを解約して格安SIM一本にするのもいいなと思うようになりました。格安SIMの快適さを確認できた今はまさに「通話+SMS+データ」のプランに変更を検討している最中です。

 

FREETELの詳細を見る

 

>>FREETEL以外のレビュー・口コミを見る