格安SIMに乗り換えました。マイネオの格安SIMに乗り換えてみて。

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

年間で5万円以上節約できる場合も!

知ってますか?プロパンガスは自分で選べます

でも知らない人がほとんど。年間で5万円以上節約できる場合もあります

スマホと一緒にプロパンガスの料金も
↓ 見直してみてはいかがでしょうか? ↓


※賃貸利用者、都市ガス利用者はあてはまりません

マイネオの格安SIMに乗り換えてみて

格安SIMレビュー40代男性

 

格安SIMレビュー】兵庫県 40代/男性 hasyuuuuさん

MVNO

mineo

格安SIM

音声通話SIM

プラン

Aプラン3GB

端末

AQUOS PHONE SERIE SHL23

満足度

4満足


格安SIMについて認知はしていました

元々ガラケー時代から考えると約10年近くの間、ずっとauを利用してきました。もちろん家族全員が利用していましたので家族割で支払いを続けていたわけです。今では当たり前になったスマホにおいてもauから当時新しく発売されたシャープのフルキーボード付きのIS01からIS03までの機種を求めて初めてスマホを手にした記憶も懐かしく感じます。

 

その後もauにおいて機種変更も行い新たなスマホを手にすることになるのですが、この時の契約時において少し気になりかけたことがあるのです。つまり携帯キャリア会社における料金体系や複雑極まりない様々なサービスプラン等、実際受付で説明を受けてみれば意外に毎月の支払いが高くなってしまったなんてこともありました。

 

しかしながら家族の中でこの当時自身も含めて3人でauを利用していたこともあり家族割も考えると結局このままの状態で放置しておりました。ちょうどそんな折テレビCMで頻繁に格安SIMが騒がれるようになっていました。もちろん格安SIMについてはそれ以前から少しばかり認識はしていたものの実際に信用できるものかどうかの疑心暗鬼ではありました。

 

ドコモ回線でおすすめの格安SIM

 

au回線でおすすめの格安SIM

マイネオの格安SIMにしたのは繋がりやすさ

ただ家族での家計の話をした折に通信費の高さが幾度となく問題視されてきたわけです。今にして考えてみても1人の料金が6000円から9000円程度、家族3人で使えばかなりの金額になってしまいます。そこで取り合えず格安SIMの情報取集から始めてみることにしました。インターネットや近隣の家電量販店でのチラシ、直接店員さんに格安SIMってどんな感じなのか、数ある会社から一体どれを選択すれば良いのかを教えて貰いました。

 

結局最終的に辿り着いた格安SIMはマイネオへと決定してくことになるのです。では何故マイネオになっていったのでしょうか、そこには幾つかのポイントがありまして料金もさることながら一番重要視していた通信の繋がり具合になります。現在キャリア会社であれば余程の場所でもない限り受信状態が悪くなることはないでしょう。

 

しかし格安SIMとなれば会社によってその差がハッキリとしているらしく、関電系列のマイネオであれば私の住まい近隣でならばもっとも適しているということと、さらに家庭のネット環境が同じ関電のeo光を利用していたこともあり結果としてマイネオ以外は考えられないという結論に達したということです。

auで使ってたスマホがそのまま使えるのもいいですね

しかもちょうど、家族の中で新たに携帯(スマホ)を持ちたいとなり、この機会に取りあえずは家族全員が一斉に切り替えるのではなく2人をキャリアに残して私と新たな契約者であるもう一人とでマイネオへの参入を開始していくことになっていきます。マイネオを選択したもう一つの重要な要素である私が利用しているauのスマホ「AQUOS PHONE SERIE SHL23」がそのままマイネオのSIMを差し込めば良いので、わざわざ新たな機種を用意する必要はありません。

 

もう一人の契約者についてはフリマサイトでSIMフリーの中古機種を入手することで初期費用を安く抑えることにしました。家族で新規に購入した端末におきましては富士通の「arrows M02」になります。すべての準備が整ったところで早速マイネオのフリーダイヤルへ電話、キャンペーン期間中ということもあり中々繋がらない、しばらく時間が経った後ようやく担当者と話し始める。

 

もっともわざわざ電話でなくともネット上だけで契約することは可能であったのですが、契約前に直接確認しておきたいこともありましたので敢えて電話での申し込みにしました。ここで一つ問題があったのですが、新規契約であれば日割り計算の料金体系であるマイネオであればSIMさえ届けばいつからでも開始できるのですが、キャリアからの移行となると複雑です。キャリアの料金は1ヶ月の計算になるので上手く解約しなければ翌月も使っていない利用料が発生してしまうということになるのです。

格安SIMの安さは明らか

結局紆余曲折を経て契約から約半月後格安SIMを手にしマイネオを使い始めていくことになるのです。使いはじめてまだ1ヶ月、確かに料金はガラケーの時よりも安いので大喜びですが、まだキャリアの時とは違った問題点が出てくるかもしれませんね。マイネオのプランにおきましては、どちらもAプランのデュアルタイプ3GBで契約することにしました。

 

データ通信と音声通話は外すことはできないと思いましたが3GBの低容量に関しては自宅でのWi-Fiを考慮すると十分であるとの思いと、余ったパケットを翌月に移行できることや家族で分け合うことができる点になります。実際にマイネオを使用してみた感想は、まず一月の料金は契約から半年ほどは2台でも1700円前後、半年後でも2台で3000円前後ですからキャリアと比較してもその安さは明らかです。

 

ただLTEでの通信状況となるとキャリアに比べて若干繋がりにくい側面が感じられます。外出時での利用頻度が高い方にとってはストレスを感じてしまうかもしれません。ただ私の場合に限っては通信環境も金額も十分な格安SIMであると考えています。

 

mineoの詳細を見る

 

>>mineo以外のレビュー・口コミを見る