格安スマホSONY「Xperia J1 Compact」のスペックと評価について

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

Xperia J1 Compact SONY

エクスぺリア

 

【Xperia J1 Compact 基本スペック】

●モデル名:Xperia J1 Compact(ハイエンドモデル)
●メーカー:SONY
●定価:59184円
●OS:Android 4.4
●サイズ:約W65×H128×D9.7mm、約138g
●カメラ:アウトカメラ2070万画素、インカメラ220万画素
●バッテリー:2300mAh
●画面:約4.3インチ
●メモリ:ROM 16GB、RAM 2GB

※スペックについて不明な場合は格安スマホの選び方についてを参照して下さい

 

Xperia J1 Compact」は格安スマホで初のXperiaです。ベースとなっているのはドコモから発売されたお馴染み「Xperia A」です。ハイエンドモデルの特長をそのまま受け継ぎ、格安スマホとしては初めて「おサイフケータイ」に対応した端末として注目を集めています!日本メーカならではの防水や防塵仕様で、防水はIPX5/8、防塵はIP5Xに対応しているので急な雨でも安心です。

 

ボディーサイズはW65×H128×D9.7mmとコンパクトですが、「Snapdragon 800」搭載でかなりのパフォーマンスを発揮します!コンパクトカメラ並みのセンサーを搭載したアウトカメラは2070万画素とかなりの高性能で、美しい写真を簡単にとることができます。また、「プレミアムおまかせオート」で撮影すると撮った写真は800万画素相当のサイズになり、余った分は手ブレの補正やノイズ削減に使用されるなどソニーの技術がふんだんに盛り込まれています!

 

さらに「Walkmanアプリ」を使っての音楽の再生は、自動で最適な音に設定する「ClearAudio+」に対応しています。Xperiaシリーズの特長である音質も良く、連続再生時間も81時間と長くバッテリーの消費も少ないので、長時間音楽を聴きっぱなしでもバッテリーの残量を気にする必要はありません。

 

唯一、モバイルSuicaに対応していないのが残念ですが、日本人に対応したコンパクトモデルでハイクオリティーな格安スマホを検討しているなら是非検討したい端末です。


Xperia J1 Compactとのセット販売でおすすめの格安SIM

SONY「Xperia J1 Compact」と格安SIMとのセット販売をしているのはこちらのMVNOです。

 

※スマホ端末のみの値段です。格安SIMは含まれていません。

一括払い:54800円
分割払い:2466円×24ヶ月=59184円
セット割:「楽天スーパーポイント」プレゼント

 

【楽天モバイル 音声通話機能付きSIMプラン】

容量

月額料金

200Kbps 無制限

1250円/月

3.1GB

1600円/月

5GB

2150円/月

10GB

2960円/月

一括払い:54,800円
分割払い:1656円×24ヶ月=54805円
セット割:なし

 

【So-netモバイルLTE 音声通話付きSIM+スマホプラン】

プラン名

機種

月額料金

LTE SIM+

Xperia

スマホセット

SONY

Xperia J1 Compact

一括払い:54,800円

分割:2278円×24ヶ月=54805円※初月のみ2411円

「So-netモバイルLTE+Xperiaセット」

端末代金込:3888円/月

※2年以降は月額1610円

 

 

Xperia J1 Compact」と格安SIMのセット販売しているMVNOは楽天モバイルPLAY SIM/So-netモバイルLTEです。料金的には「PLAY SIM/So-netモバイルLTE」のほうが安いですが、サービス面等のトータルで考えると断然楽天モバイルがおすすめです。

 

その理由はPLAY SIM/So-netモバイルLTEの分かりにくいプランにあります。PLAY SIM/So-netモバイルLTEは同じソネット株式会社のサービスです。基本的に端末は格安SIMとのセット販売になっています。

 

ソネット株式会社で扱っているスマホとのセットにはAscend Mate7とのセット「LTE SIM+スマホセット4980」とP8liteとのセット「LTE SIM+スマホセット2480」、Xperia J1 Compactとのセット「LTE SIM+Xperiaセット」がありますが、「LTE SIM+スマホセット4980」と「LTE SIM+スマホセット2480」はSo-netモバイルLTE、「LTE SIM+Xperiaセット」はPLAY SIMの取り扱いになります。

 

月額178円の差ならサポートに安定感がある楽天モバイルを選びたい

 

これだけなら別に問題はないのですが、PLAY SIMとSo-netモバイルLTEは別の部署になっていて、例えば何か困った時にサポートセンターに電話した場合に「LTE SIM+Xperiaセット」の問い合わせをSo-netモバイルLTEの電話番号にしても答えてもらえません。

 

公式ホームページでも一緒に取り扱使われている為に区別が難しくかなりサポート面での不便さを感じます。さらに、「LTE SIM+Xperiaセット」の場合、SONYやイオンでの販売もされていて値段やSIMも微妙に異なります。もちろん、SONYの「LTE SIM+Xperiaセット」はその専用番号、イオンの「LTE SIM+Xperiaセット」はその専用番号、PLAY SIMの「LTE SIM+Xperiaセット」はその専用番号というようにサポートも分かれているので非常に使いづらい印象があります。

 

PLAY SIM/So-netモバイルLTEの方が安いといっても、楽天モバイルで音声機能付きSIM 3.1GB 1600円/月を選んだ場合、月額で178円の違いしかありません。購入後のサポート体制や「楽天スーパーポイント」の還元があることを考えても楽天モバイルでの検討をおすすめします。興味のある方は是非「楽天モバイル公式ページ」で詳しく見てみてください。

 

 

楽天モバイル公式ボタン