中古スマホを格安SIMで運用するメリットや注意点について説明していきます。

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

年間で5万円以上節約できる場合も!

知ってますか?プロパンガスは自分で選べます

でも知らない人がほとんど。年間で5万円以上節約できる場合もあります

スマホの料金と一緒にプロパンガスの料金も見直してみてはいかがでしょうか?
※賃貸利用者、都市ガス利用者はあてはまりません

【中古スマホ】失敗しない白ロムの選び方

ここ数年で急速に人気が上がってきたのが中古のスマートフォン、いわゆる「中古スマホ」です。白ロムと言ったりもします。iPhoneの登場以降にジワジワと人気が出てきた中古スマホですが、格安SIMが注目されてきてからは、「格安SIM+中古スマホ」という組み合わせも注目されてきています。

 

一番の理由は「安く端末を買いたい」とか「格安SIMと組み合わせてもっと安く使いたい」といった、金額的な面が大きいですが、キャリア時代に使っていた機種を格安SIMで運用したいというような理由で選ぶ人もいます。格安SIMと中古スマホを上手く組み合わせればさらに、料金を下げることも可能です。大変魅力的な組み合わせであるのは事実ですが、注意点もあります。

 

それは中古スマホは文字どうり新品ではないという点です。キャリアで回線契約と同時にスマホを購入したり、機種変更をする場合、新品だし、保証もあるので端末の状態を確認する必要はありません。しかし中古スマホは1度人の手に渡ったものです。その為、新品の端末を購入する時には必要が無かった様々な点に注意する必要があります。

 

もちろん上手く選べば端末の料金を安く抑えられますし、思わぬ掘り出し物に遭遇することもあります♪このページでは、そんな魅力あふれる中古スマホ購入のポイントや注意点について説明していきます。

 

 

ホーシム

 

中古スマホのことを白ロムと呼んだりしますがこれは何故なのでしょう?

 

もともと携帯電話というのは利用者の契約情報を端末本体のロム(ROM)という部分に書き込んでいました。今現在はこの部分がSIMになります。

 

この名残でSIMカードが入っていない中古スマホのことを白ロム(利用者情報がない真っ白な状態という意味)と呼びます。厳密には「白SIM」が正解!?かもしれませんね。