【中古スマホ】Xperia SX SO-05Dのスペックや評判について説明します。

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

Xperia SX SO-05D SONY 2012年発売

エクスぺリアSO-05D

 

【Xperia SX SO-05D SONY 基本スペック】

●モデル名:Xperia SX SO-05D
●メーカー:SONY
●発売時期:2012年
●中古定価:15800円〜
●SIMサイズ:microSIM
●OS:Android 4.0
●CPU:1.5GHz MSM8960 デュアルコア
●サイズ:約W54×H115×D9.4mm、約95g
●カメラ:アウトカメラ810万画素、インカメラ31万画素
●バッテリー:1550mAh
●画面:3.7インチ
●メモリ:ROM 8GB、RAM 1GB

 

Xperia SX SO-05D」は、ソニーモバイルコミュニケーションズが開発し、2012年に発売されたドコモ向けのスマホです。LTEなどのインターネット通信に対応した、ドコモの第3.9世代移動通信システム搭載の端末としては最軽量の95gの軽量ボディが特長の1台です。CPUの性能とメモリの少なさはやや気になりますが、コンパクトなサイズで操作性は抜群です!自手の小さい人や女性にもおすすめの端末です。

 

また、ボディ全体が縦と横にクロスするラインで区切られた特徴的な4ブロックデザインは他の端末との差別化を図るのにもってこいです。Xi(クロッシィ)対応でインターネット接続も問題なく、ワンセグ放送に加えて、FM放送の電波を受信することも可能ですし、音楽的性能に優れた「WALKMANアプリ」も搭載するなど値段終わりに多機能な端末です。

 

2012年発売のモデルですが、操作性にも優れ、価格以上のポテンシャルを感じることができます。とにかく安く中古スマホを手に入れたいという人は一度検討する価値のある端末だと言えます。

 

 

ホーシム

 

「第3.9世代移動通信システム」というのは通信の規格のことです。3.9Gとも呼びます。これは4Gに限りなく近いという意味です。通信規格には3世代、3.5世代、3.9世代など種類があってLTEがこの3.9Gに相当するのです。ですので「第3.9世代移動通信システム搭載」というのはLTE搭載というように考えても問題ありません。



関連ページ

GALAXY Note II SC-02E