mineo(マイネオ)の評判と他の格安SIMとの比較について説明します

人気記事

mineo(マイネオ) 株式会社ケイ・オプティコム

当サイト総合評価 満足度4.54.5点

マイネオ

料金

micro/nano

月額700円〜

速度

micro/nano

どの時間帯でも安定

サービス・満足度

micro/nano

口コミを見る

 

mineo(マイネオ)は、価格.comの「格安SIM部門で満足度ランキング1位」を獲得しました!格安SIMのなかでも最初にドコモ、au両方の回線に対応したMVNOでもあります。余ったデータ容量をユーザー同士でシェアするなど他のMVNOにはないユニークなプランが特長で、格安SIMの中でも非常に安定した人気を誇っています。

 

500MBから選べるプランも魅力的ですし、データ容量を使い切ってしまった時の追加チャージも150円/100MBと比較的リーズナブルです。また、即日MNPにも対応していますし、「最低利用期間がない=違約金がない」というのもこれから乗り換えを検討しているユーザーには非常に魅力的ではないでしょうか?

 

マイネオ公式ホームページ

 

【マイネオ CM】

 

主な特徴

  • auとドコモ回線の両方が使える格安SIM
  • 最低利用期間/違約金がない
  • プランの変更が無料
  • 1契約で5回線の利用が可能、データシェアも出来る
  • 余ったデータの翌月繰り越しが出来る
  • 格安SIMと格安スマホのセット販売あり
こんな人におすすめ!
  • データ容量は最低限でいい
  • 家族でシェアしたい
【残念ポイント】12ヶ月以内のMNPの場合手数料として1万5000円かかる

※これは他の格安SIMに乗り換えて電話番号をそのまま使いたい場合です。乗り換えだけなら手数料はかかりません。

mineo(マイネオ)とは?

mineo(マイネオ)の特長

  • 即日MNP
  • キャリアメール(○○○@mineo.jp)
  • 余ったデータ容量の翌月繰り越し
  • プラン変更無料
  • 解約時の違約金なし
  • ドコモ、auのスマホがそのまま使える

新しいフツーをつくる!顧客満足度ナンバーワンの格安SIM!

 

mineo(マイネオ)」は、株式会社ケイ・オプティコムが提供する格安SIMサービスです。「新しいフツーをつくる!」のCMでお馴染みのMVNOで現役女子高生17歳の女優・葵わかなさんがイメージキャラクターを務めます。LTEで1GB〜4GBまでの3プランあり、音声通話機能付きSIMは+610円/月です。auとドコモ回線の両方が使える唯一の格安SIMとして注目されたMVNOです。

 

格安SIMは、データ通信SIMと音声通話対応SIMを提供しています。プランのデータ容量も見直され、料金はそのままに、2GB→3GB、4GB→5GBに増量し、500MBプランも追加されてさらに使い安くなりました!mineoの格安SIMは110MbpsのWiMAX2にも対応しているので、使用する端末が対応していればWiMAX2の利用も可能です。

 

さらに、mineoでは、5人まで一回線でデータをシェアできる他に、余ったデータ量を翌月に繰り越しすることが出来るので、使い方によってはUQモバイルよりも効率よくデータを使用することができます。データ専用SIMプランでは、UQモバイル同様にSMS機能付きの料金ですが、キャリアで使われているiOS 8のiPhone/iPadでは利用が出来ないという点についても同様です。

 

しかし、本来100円/月のIP電話アプリ「LaLa Call」が無料で使えたり、UQモバイルでは、有料の専用メールアドレス「@mineo.jp」の取得が無料であったりとお得感はかなり高いです!尚、データ専用SIMプランでも1年契約になるので注意が必要です。

 

見逃せないのが、au回線に加えてドコモ回線も使えるようになったという点です。これにより、au以外にドコモのスマホも利用できるようになりました。ドコモから格安SIMに乗り換えを考えている方にもおすすめで、今後も目が離せない注目の格安SIMサービスです!

 

⇒mineo(マイネオ)の公式サイトでもっと詳しく見る

mineoの基本データ

初期費用

3000円

回線

au/NTTドコモ

SIMサイズ

micro/nano

SIMサイズ変更料

3000円

SMSオプション

無料

音声機能付きSIM

+610円/月

追加クーポン

150円/100MB

 

mineoのデータ専用SIM

mineoのデータ専用SIMプランは、ドコモ回線の「Dプラン」とau回線の「Aプラン」の2種類に分かれています。データ容量はDプラン、Aプラン共に500MB、1GB、3GB、6GB、10GB、20GB、30GBの7種類から選べます。また、110MbpsのWiMAX2にも対応しています。データの繰り越しや家族でのデータシェアにも対応し、1GBプランでは初月のみ1GBがサービスされますので2GBでスタートすることができます!

 

UQモバイルと異なり追加クーポンにも対応し、プランも1GBから選べますのであまりデータ通信をしない人にもおすすめです。さらに専用アプリ「mineoスイッチ」を使えば、当月の残容量を確認しながら、高速通信のオン&オフが可能に!用途に合わせてうまく使うことで、データ容量を節約することができます。

 

ただし、最低利用期間は1年、解約金は9500円と他の格安SIMサービスに比べて厳しい設定になっていますので注意が必要です。最低利用期間はありません。ただし、12ヶ月以内にMNPする場合、手数料として1万5000円かかります。

 

⇒mineo(マイネオ)の公式サイトでもっと詳しく見る

 

【mineo データ専用SIMプラン】

プラン名

容量

月額料金

Dプラン/Aプラン

シングルタイプ500MB

(データ専用)

500MB

700円/700円

シングルタイプ1GB

(データ専用)

1GB

800円/800円

シングルタイプ3GB

(データ専用)

3GB

900円/900円

シングルタイプ5GB

(データ専用)

5GB

1580円/1580円

シングルタイプ10GB

(データ専用)

10GB

2520円/2520円

※Dプランはドコモ回線、Aプランはau回線です

 

⇒mineo(マイネオ)の公式サイトでもっと詳しく見る

mineoの音声通話付きSIM

音声通話機能付きSIMもデータSIM同様にドコモ回線の「Dプラン」とau回線の「Aプラン」の2種類に分かれています。mineoの音声通話機能付きSIMプランは、割り込み電話着信や転送電話が無料で使えます!留守番電話はもちろん、三者通話や迷惑電話撃退サービス等、音声機能付きSIMの有料プランはUQモバイルよりも豊富です。

 

基本的な料金は、データ専用SIMプランの料金に+610円/月した金額です。料金は、「Dプラン」と「Aプラン」で若干異なります。1GBプランはデータ専用SIMプラン同様初月は2GBからスタートできます。しかし、最低利用期間もデータSIMプラン同様に1年間、途中解約金は9500円と他の格安SIMサービスと比べてやや高めの設定になっています。最低利用期間はありません。ただし、12ヶ月以内にMNPする場合、手数料として1万5000円かかります。

 

ただいまデュアルタイプ1GBのプランい申し込むと6ヶ月間データ通信料800円/月分の料金が無料になります!6ヶ月間1GBをDプランなら700円/月、Aプランなら610円/月で利用することができます。

 

 

ホーシム

 

これはプランを変更した場合にも適応されます。要は毎月800円割引で6ヶ月間、各プランが利用できるということです。

 

プラン変更も無料で出来ますので最初1GBのプランい申し込んで、足りなければ他のプランに変更すれば良いと思います。非常にお得なキャンペーンになっていますので、格安SIMへの乗り換えを検討している人にはピッタリです。

 

 

【mineo 音声通話付きSIMプラン】

プラン名

容量

月額料金

Dプラン/Aプラン

デュアルタイプ500MB

(音声機能付き)

500MB

1400円/1310円

デュアルタイプ1GB

(音声機能付き)

1GB

1500円/1410円

デュアルタイプ3GB

(音声機能付き)

3GB

1600円/1510円

デュアルタイプ5GB

(音声機能付き)

5GB

2280円/2190円

デュアルタイプ10GB

(音声機能付き)

10GB

3220円/3130円

オプション

留守番電話:300円/月/迷惑電話撃退サービス:380円/月

三者通話:200円/月

迷惑電話撃退サービス:100円/月

割り込み電話着信:無料

転送電話:無料

MNP:対応

※Dプランはドコモ回線、Aプランはau回線です

 

⇒mineo(マイネオ)の公式サイトでもっと詳しく見る

mineoの評価

auとドコモ回線の両方が使えるMVNOとして注目を集めているmineo。料金プランも音声通話付きSIMに関してはかなり割安感があります。mineoのデータ通信専用SIMの500MBプランは700円/月、音声通話機能を付ける場合は、auなら+610円、ドコモなら+700円を追加することで可能です。音声通話機能SIMの料金としては、格安SIMサービスの中でも最安値レベルといえます。

 

さらに、非常に評価できるポイントとしては、格安SIMユーザーを悩ませる「セルスタンバイ問題」が発生しないという点です。

 

「セルスタンバイ問題」というのは、簡単に言うと電力消費が多くなっている状態で、症状としてはバッテリーの消耗が激しく直ぐにバッテリー切れになってしまいます。

 

これは主にデータ通信専用SIMを使用した場合に起こります。簡単な対処法としてはSMS機能付のSIMに変更すれば良いのですが、mineoのデータ専用SIMではこの「セルスタンバイ問題」が発生しません。格安SIMに変えたは良いが、バッテリーの消耗が激しくて悩む人も多いのでこれは非常に重要なポイントです。

 

mineoなら安心してデータ通信専用SIMを選ぶことができます。現段階では、ドコモ端末への対応などの課題がありますが、これからドコモ端末へ対応していくであろうmineoはMVNOの中でも安心して使えるサービスとしておすすめです。

 

mineoのまとめ

  • 最低利用期間がない=違約金がない
  • auとドコモ回線の両方が使えるので端末の選択肢が多い
  • キャリアと同じ専用メールアドレス「○○○@mineo.jp」が無料で使える
  • セルスタンバイ問題の心配がない
  • 家族間で通信料が分け合える「パケットシェア」や通信料をプレゼントし合える「パケットギフト」で通信料を無駄なく使い切れる

 

 

↓ mineo(マイネオ)公式ページ ↓

 

 

ホーシム

 

mineoは、関西電力の電気通信事業者である株式会社ケイ・オプティコムが運営する格安SIMです。2014年からau回線とスマホのセット販売を開始しましたが、現在はauとドコモ回線の両方が使えるマルチキャリアとして注目を集めています。ちなみにau回線を扱っているのはmineoとUQモバイルの2社のみです。

 

MVNOとしてはmineoの歴史は比較的新しいですが、もともとの携帯電話事業向けの光ファイバー賃貸業者としてのベースがありますのでサービスは安定しています。auとドコモ回線の両方が使えるメリットとしては選べる端末の種類が多いということも挙げられますね。家族どうして通信料を分け合える「パケットシェア」や通信料をプレゼントし合える「パケットギフト」など他のMVNO にはないユニークなプランが特徴です。