格安SIMで必要なデータ容量はどの位でしょうか?

格安SIMのデータ容量はどの位必要? | 格安SIMおすすめ比較

格安SIMは回線選びから!

ドコモ回線でおすすめの格安SIM
au回線でおすすめの格安SIM

SIMのデータ容量はどの位必要?

データ容量

 

格安SIMを購入する際に気になるのが、「自分は一か月の間にどの位通信料を使うのか?」というデータ容量のことではないでしょうか。一般的にデータ通信料は「バイト」や「パケット」で表示され、「1パケット=128バイト」になります。

 

1バイトというは、半角英数字1文字分の容量です。漢字は全角なので2バイトということになります。1GB=約1000MB=約100万KBです。使用する容量の具体的な目安としては、あまりWebの閲覧をしない方なら1GBで十分ですが、毎日数時間ネットサーフィンするような方だと最低2GB、さらに動画も見るとなると3GBは必要です。


半数以上は3GBも使っていない

基本的には、半数以上の人は3GBあれば容量的には十分に足りると思いますが、データ量の大きい動画を連続で見たり、重いデータのアップロードやダウンロードにはデータ量の消費が激しいので、動画の視聴などはなるべくWi-Fi接続時にするなど、日頃からデータ量の節約を心がけることが大切です。

 

3GBではデータ容量が少ないのではないか?」と感じる人もいるかもしれませんが、自宅や職場でWi-Fiを利用したり、PCでインターネットをしている場合、ほとんどの人が月に3GBのデータ容量は使用していません。実際に半数以上の人が1ヶ月のデータ使用量が3GB未満だという統計も出ています。

キャリアの公式ページで今使っているデータ容量を確認

もちろん、ベビーユーザーの場合は、無制限プランか最低でも5GB以上のプランがおすすめですが、先ずは、普段の性活で自分がどの位のデータ量を使っているのか把握することは大切です。正確なデータ使用量は契約しているキャリアの公式ページで確認できますので、格安SIM乗り換えの前に毎月の自分が使っているデータ容量を調べておくことをおすすめします。

 

1GBの格安SIMでできること

では1GBでいったい何ができるのでしょうか。格安SIMのホームページを見てもウェブページが○○回見られます、メールが○○通送ることができます、などのように説明してくれているのですが、実際これだとよくわかりませんよね。はたしてどれくらいの利用で1GBに達してしまうものなのでしょうか。

 

基本的にインターネット、メール、LINEを利用するくらいだけなら、よほど変な使い方をしていない限りは1ヶ月で1GBに行くなんてことはありません。ライトユーザーなら1GBプランでも十分に運用していくことができます。ただし、気を付けなければならないのは「動画の視聴」、「アプリのインストール」、「テザリング」の3つです。動画を視聴すると膨大な通信量を必要とするというのは有名な話ですが、実はアプリやテザリングも要注意なのです。

 

【1GBで具体的に出来ること】

■Webページの閲覧
Webページは、通常240KB前後です。1GBなら約5000ページ閲覧することが可能。

 

■YouTube再生
YouTubeの3分動画は、約360p。1GBの容量で見れるのは約100回。

 

■LINEの音声通話
意外とデータ容量を食うのがLINEやSkypeの電話です。3分間の通話でかかる容量は約1.6MBです。1GBなら約1800分の通話が可能。

 

■300文字のメール
テキストメール300文字は約5KBです。1GBでは約20万通のメールを送受信することが可能。

 

■グーグルマップの表示
外出先で役に立つグーグルマップは、約1333回表示することが可能。

 

アプリのアップロードやテザリングは要注意

そもそもアプリに限らずファイルをダウンロードするというのは膨大なデータ通信量を必要とします。逆にプレイ中はそれほどデータ通信量を必要としないので、インストールはWi-Fi環境があるところで行いたい作業です。またアップデート時もそれなりにデータ通信量を消費するので、勝手にアップデートしないように設定しておくのが良いでしょう。

 

またテザリングですが、基本的にはスマホを普通に使っている時と同じくらいの通信量が消費されます。しかしパソコンをテザリングでネットに接続しているという方は要注意です。サイトによってはスマホ用とパソコン用のページが別で用意されていることもあるのですが、スマホが画像などが少ないシンプルなページになっているのに対し、パソコン用のページは情報量が膨大で表示するのに大きな通信量を必要とする場合があります。特にYouTubeなんかは、スマホ用の動画とパソコン用動画で(画質設定が同じにしていても)4倍のデータ量の差があるとも言われているので注意が必要です。

 

 

格安SIMや格安スマホを取り扱うMVNOについてメリットやデメリットを確認したい人はトップページから確認してみてください。
おすすめの格安SIMについても記載しています。

 

格安SIMのメリットやおすすめのMVNOについて説明します

 

 

ホーシム

 

1GBでも結構いろいろできるんですよね。ヤフーニュースとメールのチェックくらいしかしないようなライトユーザーなら1GBでもいけます。3GBで不安のある人は少し余裕のあるプランでもいいかもしれません。

 

例えばIIJmio(アイアイジェイミオ)の5GBの「ライトスタートプラン」は2220円、10GBの「ファミリーシェアプラン」は3260円とキャリアと比べても圧倒的に安いです。余ったデータ容量は翌月に持ち越せますので無駄もありません。


あなたはドコモ回線?、au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM