もしもシークスの評判と他の格安SIMとの比較について説明します

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

年間で5万円以上節約できる場合も!

知ってますか?プロパンガスは自分で選べます

でも知らない人がほとんど。年間で5万円以上節約できる場合もあります

スマホの料金と一緒にプロパンガスの料金も見直してみてはいかがでしょうか?
※賃貸利用者、都市ガス利用者はあてはまりません

もしもシークス エックスモバイル株式会社

もしもシークス

 

もしもシークス

 

通信

4満足

価格

3満足

サービス

3満足

主な特徴

●30〜100回/月までの無料通話(3〜10分以内)
●MVNO初の通話定額プラン

●MVNOで唯一の「iPhone 6/6Plus」取扱い

 

こんな人におすすめ!

通話が多い
格安SIMとスマホをセットで購入したい

 

MVNOで唯一「iPhone 6/6Plus」を販売。日本未発売機種も!

 

もしもシークス」は、エックスモバイル株式会社が提供する格安SIMサービスです。

 

2014年にMVNO業者として開業した新しい会社なので知名度的には大手のMVNOと比べると無名ですが、MVNOでは初めて通話定額プランを開始したことで注目を集めているMVNOです。

 

さらに、MVNO業界で初めて「iPhone 6/6Plus」や日本未発売の「Xperia Z3 Compact」を扱ったり、独自のショップをフランチャイズ形式で展開したりと様々な面で話題を集めていますが、毎月の通話料の1%を途上国の「通信普及支援」として寄付しているなど社旗福祉に貢献している一面もあります。

 

MVNOで唯一の通話定額プランなので、Y!mobile(Yモバイル)と同様に格安SIMの弱点である音声通話がお得ですし、使っている回線はドコモの回線を利用しているので、繋がりやすさや速度は他のMVNOと比べても問題ありません。

 

まだまだMVNOとしては新しい会社ですが、今後の動向が気になる注目の格安SIMサービスです。


もしもシークスの基本データ

プラン名

容量/月

通信速度

国内通話料

月額料金

基本コース

1GB

150Mbps

1回あたり3分以内

0円(月30回まで)

1980円/月

あんしんコース

7GB

150Mbps

1回あたり5分以内

0円(月30回まで)

2980円/月

まんぞくコース

7GB

150Mbps

1回あたり10分以内

0円(月100回まで)

3980円/月

もしもシークス対応の格安スマホ

他のMVNOでは扱っていない端末とのセット販売もしもシークスの魅力の一つです!「iPhone 6/6 Plus」は今までドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアでしか回線とのセット購入はできませんでした。それをアウトレット品ということで割安な価格でユーザーに提供しています。

 

さらに、日本未発売の「Xperia Z3 Compact」は、MVNOで唯一の取り扱いで39800円と割安価格で大人気!さらに、キーボードの付いた特徴的な外観で人気の「BlackBerry Passport」が日本語対応でラインナップに加わるなど魅力がいっぱいです!ただし、もしもシークスでの端末代金の支払いは一括払いのみです。

 

【もしもシークス対応の格安スマホ】

機種

支払方法と料金

Apple

「iPhone 6」

期間限定特価

一括払い

16G:59800円

64G:72800円

128G:85800円

Apple

「iPhone 6 plus」

期間限定特価

一括払い

16G:69800円

64G:85800円

128G:98800円

BlackBerry

「BlackBerry Passport」32GB

一括払い:64800円

HUAWEI

「Ascend G620S」

一括払い:19800円

もしもシークスのレビュー・評価

もしもシークスの最大の特徴はMVNOで初の無料通話付き通話定額プランがあるというところです。1回の通話10分以内、300回/月まで無料というY!mobile(Yモバイル)の通話定額プランに非常に似ていて2番煎じ的な印象は否めませんが、Y!mobileは厳密にいうとキャリアに属するのでMVNOの中ではもしもシークスが初ということになります。

 

MVNOとしても2014年に開業したばかりの会社なので知名度も大手と比べると高くありませんが、MVNOで唯一「iPhone 6/6 Plus」を端末とのセット販売をしたり、日本未発売のSONY「Xperia Z3 Tablet Compact」を販売したりと常に新しい取り組みを見せている今後注目の格安SIMサービスです。

 

ドコモ回線仕様なので、繋がりやすさや速度などは安定しているので安心して使えます。ただし、最低利用期間が12ヶ月で途中解約金が10000円と厳しめですし、販売されている端末の支払いが全て一括払いのみというところなど気になる点もあります。

 

1回3分以内、30回/月の無料通話や「iPhone 6/6 Plus」の取り扱いは魅力

 

プランを見てみると1回3分以内、30回/月の無料通話が付いた1GBで1980円/月の「基本コース」は、あまりデータを使わない人で短い電話をチョコチョコとする様な、あまり通話が多くない人にはお得なプランだと言えると思いますが、1回5分以内、30回/月、7GBで2980円/月の「あんしんコース」や1j回10分以内、100回/月、7GBで3980円/月の「あんしんコース」は正直、無料通話とデータ容量のバランスが悪いと感じてしまいます。

 

一般的な人で普通にインターネットをするのであれば最低3GB/月は必要です。逆に言えば3GBのデータ容量があれば十分ですし、使い切れなかった容量を翌月に繰り越すことも出来ないので、かなり動画などを頻繁に見るヘビーユーザーでないと使い切ることは難しいと思います。

 

中間の3GBがないのはかなり不便な印象です。さらに、もしもシークスのウリの一つにMVNOで唯一「iPhone 6/6 Plus」の端末を扱うという点がありますが、これにも注意する点があります。これは期間限定で販売されている未使用のアウトレット商品です。保証も1ヶ月間と短く初期不良のみです。ただしこれは、639円/月で「落下」、「水没」、「破損」に対応した保険に加入することができるので、心配な人は加入した方がよいでしょう。

 

まだまだ新しい会社で、大手と比べると安定感に乏しい感じは否めませんが、「格安SIMは通話が高い」という常識を打ち破る定額制プランの導入や他のMVNOでは扱いのない「iPhone 6/6 Plus」の取り扱いや国内未発売モデルの販売等を初期設定済みで使うことも出来るというのは、人とは違う機種を使いたいと思っているユーザーにとっては非常に魅力的なポイントだと思いますし、常に進化し続ける姿勢は今最も勢いのあるMVNOだと言っても間違いはありません!

 

珍しい機種の利用や通話料金が気になる方は、Y!mobile同用に一度乗り換えを検討してみる価値のあるMVNOです。