格安SIMに乗り換えました。親子3人で格安SIMのシェアプランを利用中。

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

親子3人で格安SIMのシェアプランを利用中

格安SIMレビュー40代男性

 

格安SIMレビュー】大阪府 40代/男性 zzlaboさん

MVNO

DMMモバイル

格安SIM

音声通話SIM

プラン

通信SIM3枚プラン8GB

端末

arrows M02

満足度

4満足


解約月を真近に迎え格安SIMを意識しました

格安SIM乗換前に使っていたキャリヤはauでのスマホはisaiの「LGL22」を使っていました。月額料金は大体5000円位でした。ちなみにauを使う以前はソフトバンクを使っていました。ソフトバンクからauに変えた理由は、当時MNP乗換すると10万円程度のキャッシュバックがあり、同じキャリアを使い続けると損をする状態であったからです。そこでドコモよりも安かったauに乗り換えることにしました。

 

auに乗り換えて2年目、解約月を真近に迎え次のキャリアを考えるようになりました。キャリアへの乗り換えは、総務省からの指導でキャッシュバックや過度な値引きが無くなっており別キャリアに乗り換えても、auを継続利用しても利用料が上がってしまう状態でした。またキャリアはわかりにくい制度を採用していたり、2年縛りがあったりと何か不誠実なイメージも感じていました。

 

ドコモ回線でおすすめの格安SIM

 

au回線でおすすめの格安SIM

最初は楽天モバイルにしようと思ったけど・・・

それに比べ「格安SIM」はある程度普及しはじめ、ネット等の情報も豊富になってきており、調べていくと安心、納得できるようになっていきました。ネットで格安SIMの比較サイトを見たり、格安SIMサイトのチャットで担当者にいろいろ聞くことで格安SIMにしようと決断しました。

 

格安SIM乗り換えを検討していた当初は楽天モバイルにするつもりでいました。やめた理由は低速モード利用中でも契約容量を消費するということが分かったからです。これでは低速モードにする意味がありません。HPでも低速モードに切り替えができると唄っていますがこれは不誠実でふつうは低速モード中は契約容量を消費するとは受け取らないと思います。この件で楽天モバイルは信用できないと思い乗換対象から除外しました。

選んだのはDMMモバイルの格安SIM

格安SIMはDMMモバイルにしました。プランは8GBのシェアプランで通話SIM3枚利用するものです。3枚は妻、娘、私が利用しています。端末は私が富士通「arrows M02」、妻と娘にはAppleStoreでiPhone SE(SIMフリー)を購入し利用することにしました。通話SIMの利用料は3人で4080円(1あたり1360円)です。arrowsを購入した私は端末代を入れても実質1か月3000円程度。妻と娘も以前と変わらない程度の費用になりました。

 

予想外だったのは、DMMモバイルのシェアプラン(通話SIM3枚)にMNPで電話番号継続できるのが1回線だけであったこと。これはDMMモバイル申込み時に気づきました。まあ電話番号はMNP制度前は頻繁に変わっていたものだし・・・と割り切りました。また、当初は10GBのシェアプランで申込みしたのですが、10GBも使わないことが分かったので8GBに変更しました。こうした変更がWebで簡単にできるのも格安SIMの良さだと思います。

キャリアからDMMモバイルの格安SIMに乗り換えてみて

キャリアからDMMモバイルの格安SIMに乗り換えた感想としては、ずばり、格安SIMにして正解だったと思います。予定通り利用料が減ったこと、不具合がないこと(速度が遅い、つながりにくい等)がその理由です。また、複雑な値引きや制度もなく単純明快です。キャリアと契約した場合は2年利用し端末代を払い終わると、値引きが無くなり利用料が高くなるため、必要でなくても端末を買い替える必要があります。格安SIMなら単純にそのまま利用し続けることができます。

 

乗り換えたくもないのに利用料金が上がってしまうため乗換を検討しなければいけないわずらわしさからも解放されるのではないかと期待しています。よほどの携帯好きでなければわざわざ何年かごとに通信会社を変えたい人はあまりいないと思います。最後になりますが格安SIMと契約することでやっと普通の利用ができるようになった感じです。いままでがわずらわしすぎたんだと思います。

 

DMMモバイルの詳細を見る

 

>>DMMモバイル以外のレビュー・口コミを見る