格安SIMをガラケーで使うことはできるのか?

ガラケーに格安SIMは使える?ガラホがおすすめの理由 | 格安SIMおすすめ比較

格安SIMは回線選びから!

ドコモ回線でおすすめの格安SIM
au回線でおすすめの格安SIM

ガラケーに格安SIMは使える?ガラホがおすすめの理由

ガラケーに格安SIMは使える

 

格安SIMへの乗り換えを検討している人の中には、愛着のあるガラケーをもう一度格安SIMで使いたいという方もいるかもしれません。それに格安SIMでガラケーが使えれば、普段の携帯料金をさらに安くすることができますから。では、実際にガラケーに格安SIMを使うことはできるのでしょうか?

 

結論から説明すると、ガラケーでも格安SIMを使うことはできます。といっても、どのサイトでもおすすめはされていません。理由にはいくつかありますが、まず利用できるのはドコモのガラケーだけということが挙げられます。auやソフトバンクは回線やSIMロックの関係で利用不可です。

 

⇒SIMロックの解除方法(ドコモ、au、ソフトバンク)

 


インターネット接続はできない

ドコモのガラケーだけはドコモ回線を使っている格安SIMを差し込めば、利用することができるのです。ただし通話とSMSだけで、インターネットへの接続はできません。なぜかというと本来格安SIMを利用する際にはAPN設定が必要だからです。

 

APN設定というのは「アクセス・ポイント・ネーム」の略で、簡単にいえばインターネットへ接続するさいのサーバー設定のことです。普通に格安SIMをスマホに差し込んで使う際も、まずこのANP設定をしなければインターネットに接続できません。ところが、ガラケーだとこのアクセスポイントを変更する機能が備わっていません。

 

そのため格安SIMでガラケーを使おうと思うとインターネット回線への接続が不可能になってしまいます。一方の電話回線はANP設定が不必要であること、またSMSも電話回線を利用したメッセージなので、これらの2つはANP設定をしなくても問題なく利用できます。

 

ガラケー専用の格安SIMはあるのか?

実はガラケーに対応した格安SIMは存在します。そんな格安SIMの中で、唯一ガラケー専用のプランを用意しているのがbモバイルです。「携帯電話SIM」といって文字通りスマホではなく携帯電話(ガラケー)専用のプランを利用することができます。

 

プランはキャリアのように無料通話が付く独自の料金設定になっています。携帯電話SIMの料金は以下の通りです。

 

【bモバイル 携帯電話SIMプラン】

プラン名

基本使用料/月

国内通話料

音声プランS

1290円

20円/30秒

音声プランM

2290円

18円/30秒

音声プランL

5980円

14円/30秒

 

ホーシム

 

見ての通り、ガラケー専用の格安SIMを使ってもそれほど料金は安くなりせん。「音声プランS」を選んだ場合、最初の料金は安いですが56分通話した場合はキャリアの方がお得になってしまいます。。。

 

キャリアでもかけ放題のみのプランは2200円/月から利用することができまし、対応している機種もドコモのFOMA携帯電話のみとなっていますのでガラケーを格安SIMで利用するメリットはあまりありません。

 

ガラケー専用の格安SIMを使った場合でも利用できるのもやはり通話とSMSのみです。インターネットを利用することはできません。キャリアのかけ放題の料金と比較すると「音声プランS」が1000円近く安くはなっていますが、通話時間が長くなってしまうとキャリアの方が断然お得になってしまいます・・・。いまや格安SIMでは音声通話付きでも月額1500円ほどの料金で利用できることを考えると決して安いとは言えません。

 

bモバイルの携帯電話SIMの場合、最低利用期間が10ヶ月とキャリアと比べて短いものの、それほどのメリットを感じることはできません。このように、ガラケー専用のプランでもそこまでお得にならないというのも、ガラケーを格安SIMで運用するのがおすすめされていない理由です。

 

格安SIMで使うならガラホ!

ガラホ

 

ホーシム

 

ガラホというものをご存知ですか?見た目はガラケーなんですがスマホと同じで格安SIMに対応しています。要はAPN設定に対応しているのです。

 

ガラケーを格安SIMで使うというのはあまりメリットが無いと説明してきましたが「格安SIMに対応しているガラケーはあります」それがガラホです。見た目はガラケーそのものですが、OSにはAndroidが積まれており、LTE通信ができたり、LINEなど一部アプリも使用できるというものです。例えばauから発売れている「AQUOS K SHF32」は、SIMロックを解除すればUQモバイルなどのau系格安SIMで利用することができます。

 

同じくドコモから発売されている「arrows ケータイ F-05G」や「AQUOS ケータイ SH-06G」を格安SIMで利用することも可能です。通話、SMSはもちろんのこと、ガラホはガラケーと違いAPN設定を行うことができるので、ネットへの接続もOK。G-mailなどのアプリは利用できないため、確認したい場合はウェブブラウザを経由しなければならないという不便はありますが、2台持ちをする場合は問題ありません。

 

⇒実は一押し!ガラケーとタブレット、スマホの2台持ちについて

 


ガラホが格安SIMにおすすめな理由

実はこのガラホ、キャリアで使おうとするとかなり不便です。キャリアでも最安で1900円から利用することができるのですが、その場合は通信量を10MBまで抑えなければなりませんそしてそれを超えると追加料金が発生して、190MBに達した時点で4000円ほどの料金になってしまいます。

 

その点格安SIMのプランなら、ネットを使いすぎても料金が高騰するということはないので、かなり使いやすくなります。ガラホ自体は、中古スマホのショップなどで1万〜2万ほどで購入することが可能です。ただ通話アプリなどは使えないので、格安SIMで使う場合は通話料が20円/30秒となってしまいます。

 

 

ホーシム

 

結局、料金自体はキャリアのガラケーを持った時とそれほど変わらなくなります。ですが、ガラホが真に輝くのは、何といってもLINEで通話をしている時です。

 

中身はAndroidなのでLINE通話はもちろん可能ですし、形はガラケーなので、とても持ちやすくなっています。Wi-Fiも入るので、通話品質もバッチリ!今までスマホで長時間LINE通話をして手が疲れるが多かったという人にはおすすめです。


あなたはドコモ回線?、au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM