格安SIMのLTE使い放題ってどうなの?

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

格安SIMのLTE使い放題ってどうなの?

LTE使い放題ってどうなの

 

昔のガラケー全盛期の時代には、「パケ放題」といって定額でネットにつなぎ放題というのが主流でした。データ通信速度はそれほど早くなかったのですが、料金や通信制限を気にすることなくネットができるという点ではとても快適なプランだったと思います。格安SIMでもLTE使い放題があるのですが、通信制限を気にすることなく使えるのでしょうか?そこで今回はLTE使い放題を提供している「b-mobile SIM」と「U-mobile」の評判を調べてみました。


b-mobileは動画視聴には不向き

bモバイル

 

まずはb-mobileについて紹介しましょう。b-mobileでは「高速定額プラン」を用意しており、LTEの高速通信を使い放題で利用することができます。料金はデータ通信SIMが1980円、音声通話SIMが2780円と使い放題でもしっかりとキャリアより安く提供されています。これならユーザーにとっては安心して利用できますね。しかもb-mobileでは短時間での使い過ぎによる利用制限はありません。3G回線を使っていたあの時と同じように、1日にいくら使っても制限がかかることはないのです。

 

ただしb-mobileの使い放題には致命的な欠点があります。それはアプリごとに「通信が最適化」されてしまうということです。通信の最適化とは、快適な通信速度を確保するため画像や動画などのデータファイルを圧縮することを言います。例えば画像がたくさんあるウェブページを閲覧が最適化されると、画像データが圧縮され画素数が落とされた状態で表示されることになります。

 

動画を見るのにはカクツキは致命的

 

なのでページを読み込むスピードは早くなるのですが、その分粗い画像しか見られなくなってしまうという欠点があります。またその画像をダウンロードした場合でも、画質が粗いまま保存されてしまうという不便さもあります。とはいえ画像だけならまだ我慢できるという人もいるかもしれません。しかしこれが動画を視る際にも行われるのが非常に厄介なのです。

 

普通はLTE通信なら動画もサクサクとみることができるはずなのですが、b-mobileのこのプランでは最適化が行われることによって、ひどいカクツキが起きてしまいます。本来の処理ならば動画の画質だけが落とされ、視聴自体は普通にすることができるはずなのですが…。b-mobileの使い放題プランではかなりカクツキが起きるという声が後を絶ちません。

 

無制限プランを選ぶ人としては、やっぱり動画をたくさん見たいという人が多いはずなのに、そのニーズに対応できないのは高速LTE無制限といったプランでは致命的だと言えます。


U-mobileは安定しているが速度制限有り

ユーモバイル

 

では一方のU-mobileの方はどうなのでしょう。U-mobileが提供する「LTE使い放題プラン」は料金がデータ通信専用SIMで2480円、音声通話の方は少しややこしくなっていて最低利用期間6か月のプランが2980円、最低利用期間が12か月のプランが2730円となっています。ようは契約の縛りが長くなる分安く利用できるということです。U-mobileの場合、b-mobileと比べると通信の安定性には定評があり、他のMVNOが速度を落とすような時間帯(12〜13時ごろ)でもそれなりの速度を誇っています。  

 

ただしU-mobileの場合、使い放題には致命的な「短期間での利用制限」というのがあります。これは公式ページにも具体的に何日で何GBの通信を行うと制限になるとは明記されていないのですが、制限がかかると通信速度が128kbpsになります。128kbpsという速度は、かろうじてメールやLINEができる程度で、ネットサーフィンはもちろん、動画の視聴などが満足にできない状態です。b-mobileと違って速度制限がかかる前までは動画もサクサクと視られるのですが、やはり真の高速LTE使い放題とはいいがたい状況です。

 

 

ホーシム

 

料金は安いですが、カクツキを考えるとb-mobileはないなという感じですね。U-mobileでの利用制限は、ユーザーが調査した結果、「データ容量を3日間で2GB以上を使う」と制限がかかるみたいですね。こんな感じで高速LTE無制限プランといっても、本当の意味で無制限に使えるプランはなかなかありません。

 

というのも、格安SIMではあまりにも多くのユーザーが通信をしすぎると、サーバーの限界を超えてしまい、全ユーザーに影響のある通信障害が発生しかねないからです。このことを考えると、格安SIMでは使い放題は厳しいのかなという印象ですね。

 

料金的にもDMMモバイルのデータSIM、10GBが2190円/月ということを考えると10GB以上使わないとメリットがありませんし、そんなヘビーユーザーなら「3日間で2GB以内」というのは現実的に考えて結構厳しいと思います。今後改善されるかもしれませんが今のところユーザーにとってそれほどメリットのあるプランだとは言えないでしょう。



関連ページ

そもそもSIMって何?
SIMフリーとは?
SIMフリーのメリットとデメリット
格安SIMのデータ容量はどの位必要?
MVNO(一次業者と二次業者)とは?
格安スマホの選び方について
どんなスマホなら格安SIMが使えるの?
SIMロックの解除方法(ドコモ、au、ソフトバンク)
格安SIMはどこで買える?
電話アプリで格安スマホの通話料金を安く
MNPの手順と料金(ドコモ、au、ソフトバンク)
格安SIMでそのまま使えるドコモ・au端末
格安SIMの支払いにおすすめのクレジットカード
格安スマホとタブレットの違い
格安スマホなら人と違った端末が選べる
格安SIMのデータ専用と音声通話機能について
知らないと損をするキャリアとMVNOの違約金について
格安スマホでかけられない電話番号
無料Wi-Fiで通信料を節約
自宅で格安スマホをWi-Fiで使う
実は違うWi-FiとWiMAX!格安SIMのお供ならWiMAXが適任!
ルーター代わりに格安SIM無制限プランのテザリングは使える?
iPhoneを格安SIMで使う
実は一押し!ガラケーとタブレットの2台持ちについて
ガラケーのプランを見直す(ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル)
格安SIMには様々なプランがある
格安SIMに乗り換えてもキャリアメールは使える!?その手順を大公開
格安SIMをネット購入する際の注意点!特にMNPは要注意
どこが速い?格安SIMの通信速度ランキング
格安SIMって海外で使えるの?
ポケモンGOで格安SIMがお得!MVNOで関連キャンペーン実施中
格安SIM選びで失敗しない6つのポイント
ガラケーに格安SIMは使える?ガラホがおすすめの理由
格安SIMデメリットまとめ
かけ放題の格安SIM!おすすめはどこ?
iPhoneを格安SIMで使う場合に確認しておきたいAppleID
楽天カードと楽天モバイルの組み合わせがお得!ポイント還元率は驚異の5%
ソフトバンク回線の格安SIM!?「U-mobile S」とは
【要注意】選んじゃダメ!悪い所が気になる格安SIMとは
Apple SIMって格安SIMなの?
mineoのプレミアムコースってどうなの?
格安SIMの詳細とメリットやデメリットまとめ