SIMロックの解除方法(ドコモ、au、ソフトバンク)について説明していきます。

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

SIMロックの解除方法(ドコモ、au、ソフトバンク)

SIMロック解除

 

2015年以前は、主要キャリアのスマホには「SIMロック」がかけられていました。それゆえドコモ以外のauやソフトバンクのユーザーは、キャリア乗り換えの際には新しくスマホ端末を買い直す必要がありました。

 

2015年5月のSIMフリーによって、これ以降に発売された全ての端末がSIMロック解除対応になりました。SIMロック解除し、「SIMフリー」の状態にすることで、乗り換え先のキャリアでも同じようにスマホを利用することができます。さらに、格安SIMを利用することで、料金を割安に使えたり、外国旅行の際には、現地のSIMカードを使用して、現地の回線でスマホを使うことができるなどSIMロック解除にはメリットが一杯です!

 

スマホのSIMロック解除をするには、各キャリアの店頭や専用窓口でSIMロック解除の申し込みを行う必要があります。

 

電話やケータイショップでの手続きの申し込みの際には、事務手数料として3240円かかりますが、インターネット経由での申し込みは各キャリアで無料になっています。

 

インターネット経由での申し込みの場合、電話や店頭での申し込みのように事前に相談しながら手続きを行うということができませんが、キャリア乗換の際の初期費用を節約することができるのでおすすめです。

 

ただ、乗り換え先のキャリアが通信機能が使えないという場合もありますので、事前にサポートセンターなどに相談しておくことをおすすめします。

 

その他にもSIMロック解除には「スマホ購入から6ヶ月以上経過している」ということと故障した端末でないということが条件になります。もちろん、SIMロック解除に対応した端末であることが大前提であるのは言うまでもありません。

 

それでは、各キャリア毎のSIMロック解除の方法を説明していきます。


ドコモのSIMロック解除方法

ドコモロゴ

 

3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の中でも、ドコモの場合は他の2社に先駆けて、以前からSIMロック解除に対応していました。それゆえドコモスマホ端末のほとんどは、SIMロック解除に対応しています。

 

ドコモの場合はスマホを解約して3か月以内ならSIMロックの解除が可能ですので、新しい機種に買い替えた場合などで使わなくなった端末をインターネット視聴専用や海外旅行用、家族間での使用等色々と利用できると思います。

 

さらに、通常、キャリアのスマホを他社の格安SIMで使用した場合、キャリアで使用していたメールアドレスを引き継ぐことはできませんので、代用としてGmail等のウェブメールやLINEを使用しますが、ドコモでは324円/月の「SPモード」を継続して契約することでメールアドレスの引き継ぎも可能です。

 

ただ、2015年のSIMフリー以降に発売されたモデルは購入から6ヶ月以上でないとSIMロック解除ができません。

 

契約の手続きは店舗や電話、インターネットで行うことが出来ます。

 

⇒インターネットでの申し込みはこちらから

 

ドコモのSIMロック解除が可能機種についてはこちらから確認できます。

 

⇒端末機種確認

 

【ドコモのSIMロック解除 申し込み方法・手数料】

申し込み

2015年5月以降の機種

2015年4月以前の機種

インターネット

手数料:無料

×

電話

手数料:3240円

×

ドコモショップ

手数料:3240円

手数料:3240円

 

※2015年5月以降のスマホ端末は購入から6か月以上経過していることが条件。2015年4月以前のスマホ端末についてのSIMロック解除の申し込みはドコモショップの店頭のみ


auのSIMロック解除方法

auロゴ

 

これまでauのスマホはSIMロック解除ができませんでしたが、現在ではSIMフリー後に発売された機種とそれ以前に発売された一部の機種でSIMロック解除に対応しています。SIMロック解除の条件としては端末購入後180日が経過しているということですが、既に契約を解除してしまった端末については、SIMフリー後とそれ以前に関わらず対象外となります。

 

契約の手続きは店舗や電話、インターネットで行うことが出来ます。

 

⇒インターネットでの申し込みはこちらから

 

auのSIMロック解除が可能機種についてはこちらから確認できます。

 

⇒端末機種確認

 

【auのSIMロック解除 申し込み方法・手数料】

申し込み

2015年5月以降の機種

2015年4月以前の機種

インターネット

手数料:無料

手数料:無料

電話

手数料:3240円

手数料:3240円

auショップ

手数料:3240円

手数料:3240円

 

※2015年5月以降のスマホ端末は購入から180日が経過していることが条件。


ソフトバンクのSIMロック解除方法

ソフトバンクロゴ

 

ソフトバンクでは、SIMフリーになるまでごく一部の機種のみしかSIMロック解除に対応していませんでした。現在はSIMフリー後に発売されたほとんどの機種がSIMロック解除に対応しています。

 

ドコモと同様に解約後の端末でも3ヶ月以内ならSIMロック解除に対応していますが、契約者本人のみの申し込みに限られています。

 

契約の手続きは店舗やインターネット「My SoftBank」で行うことが出来ます。

 

⇒インターネットでの申し込みはこちらから

 

ソフトバンクのSIMロック解除が可能機種についてはこちらから確認できます。

 

⇒端末機種確認

 

【ソフトバンクのSIMロック解除 申し込み方法・手数料】

申し込み

2015年5月以降の機種

2015年4月以前の機種

インターネット

手数料:無料

×

電話

手数料:3240円

×

ソフトバンクショップ

手数料:3240円

手数料:3240円

 

※2015年5月以降のスマホ端末は購入から181日以上経過していることが条件。2015年4月以前のスマホ端末についてのSIMロック解除の申し込みはソフトバンクショップの店頭のみ


関連ページ

そもそもSIMって何?
SIMフリーとは?
SIMフリーのメリットとデメリット
格安SIMのデータ容量はどの位必要?
MVNO(一次業者と二次業者)とは?
格安スマホの選び方について
どんなスマホなら格安SIMが使えるの?
格安SIMはどこで買える?
電話アプリで格安スマホの通話料金を安く
MNPの手順と料金(ドコモ、au、ソフトバンク)
格安SIMでそのまま使えるドコモ・au端末
格安SIMの支払いにおすすめのクレジットカード
格安スマホとタブレットの違い
格安スマホなら人と違った端末が選べる
格安SIMのデータ専用と音声通話機能について
知らないと損をするキャリアとMVNOの違約金について
格安スマホでかけられない電話番号
無料Wi-Fiで通信料を節約
自宅で格安スマホをWi-Fiで使う
実は違うWi-FiとWiMAX!格安SIMのお供ならWiMAXが適任!
ルーター代わりに格安SIM無制限プランのテザリングは使える?
iPhoneを格安SIMで使う
実は一押し!ガラケーとタブレットの2台持ちについて
ガラケーのプランを見直す(ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル)
格安SIMには様々なプランがある
格安SIMに乗り換えてもキャリアメールは使える!?その手順を大公開
格安SIMをネット購入する際の注意点!特にMNPは要注意
格安SIMのLTE使い放題ってどうなの?
どこが速い?格安SIMの通信速度ランキング
格安SIMって海外で使えるの?
ポケモンGOで格安SIMがお得!MVNOで関連キャンペーン実施中
格安SIM選びで失敗しない6つのポイント
ガラケーに格安SIMは使える?ガラホがおすすめの理由
格安SIMデメリットまとめ
かけ放題の格安SIM!おすすめはどこ?
iPhoneを格安SIMで使う場合に確認しておきたいAppleID
楽天カードと楽天モバイルの組み合わせがお得!ポイント還元率は驚異の5%
ソフトバンク回線の格安SIM!?「U-mobile S」とは
【要注意】選んじゃダメ!悪い所が気になる格安SIMとは
Apple SIMって格安SIMなの?
mineoのプレミアムコースってどうなの?
格安SIMの詳細とメリットやデメリットまとめ