スマモバの評判と他の格安SIMとの比較について説明します

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

スマモバ スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社

 

スマモバ

通信

3満足

価格

2満足

サービス

1満足

 

ホーシム

 

当サイトではスマモバはおすすめしません。スマモバ」はMVNOとしての知名度はそれほど高くないですが、格安SIMを実店舗で安心して購入できるのが一番のポイントです。取り扱い箇所も全国で1050ヶ所と急拡大中で、最も勢いのあるMVNOの1つです。

 

実店舗が少ない格安SIMの中では実店舗での取り扱いが多いというのは大変魅力的なのですが、スマモバは問題点も非常に多いMVNOです・・・。かなりネガティブな内容まで細かく書いていますので参考にしてみて下さい。

 

スマモバとは?

スマモバ」は、スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社が提供する格安SIMサービスです。ドコモ回線を利用している格安SIMです。サービス概要は、多くのMVNOで見られるような○GB/月といったプランのほか、格安の低速無制限や高速通信(LTE)の使い放題、さらに時間帯に応じて高速通信が使えるプランもあるなどバラエティーに富んでいます。

 

スマモバでは格安SIMと端末(スマートフォン)のセット販売も行っています。端末は分割払いにも対応していて、一括で端末を支払える余裕がない方も安心して購入できるのが便利です。初めて格安SIMに変えるという方で、以前はau端末を使っていたという方や、まだドコモ系のスマートフォン、SIMロックフリー端末を用意されていない方はこちらで購入することもできます。

スマモバの基本データ

初期費用

3000円

回線

NTTドコモ

SIMサイズ

標準/micro/nano

SIMサイズ変更料

3000円

SMSオプション

+120円/月

音声機能付きSIM

別プラン

追加クーポン

オートチャージ:500円/500MB

スマモバのデータ専用SIM

スマモバのデータ通信SIMの最低契約期間24ヶ月、違約金9800円です。またプランの殆どが音声通話付きSIMと同じ値段ですので、データSIMに関してはかなり割高な料金設定となっています。

 

【スマモバ データ専用SIMプラン】

プラン名

容量

月額料金

ナイトプラン

200MB/日

1980円/月

プレミアムプラン

無制限

2480円/月

5GB

5GB

2480円/月

LTE使い放題

無制限

3480円/月

スマモバの音声通話付きSIM

スマモバで音声通話機能付きSIMの最低契約期間24ヶ月、違約金9800円です。キャリアの2年縛りに不満を抱え提ているユーザーに対しては非常に減点になるポイントだと言えるでしょう。音声通話機能付きSIMとしては比較的手ごろな値段の「シンプルバリュープラン」ですが、通信速度は常時最大で128kbpsです。この速度はドコモ、au、ソフトバンクといった大手三大キャリアを使っている人ならわかるかと思いますが、いわゆる速度制限を受けてしまったときの速度です。

 

128kbpsという速度でもメールやLINE、SNS、また軽めのウェブブラウジングぐらいはそれほど支障なくできます。基本的には速度が遅いだけなので、長い読み込み時間を待てばどのサイトも閲覧できますが、動画の視聴やゲームなど、多くのデータ容量を必要とする作業はまともに出来ません。

 

スマモバの公式サイトでは、“「シンプルバリュープラン」は、低価格を実現しながら、お子様からお年寄りの方、さらにはビジネスで利用する方まで、誰でも安心安全に利用できるプランです。”というように紹介されていますが、塾帰りの子供にスマートフォン(メール、LINE、電話使用などを目的に)を与えたいという人、普段携帯電話もスマートフォンも持たないが、万が一のことが起こった時(救急車が呼びたいから電話したいなど)に安全のために連絡機器がほしいという人など最低限の連絡を目的とした人向けのプランです。

 

ただ、もしこのこのプランを検討するなら月額1250円、通信速度200kbps、データ容量無制限と価格、容量共にお得感のある楽天モバイルの「ベーシックプラン」を検討してみてください。

 

【スマモバ 音声通話付きSIMプラン】

プラン名

容量

月額料金

シンプルバリュープラン(128kbps)

200MB/日

1480円/月

ナイトプラン

200MB/日

2480円/月

プレミアムプラン

無制限

2980円/月

1GB

無制限

1580円/月

5GB

5GB

2480円/月

LTE使い放題

無制限

3480円/月

スマモバのレビュー・評価

格安SIMサービスとしてあまり知名度の高くないスマモバですが、深夜1時から朝9時までのみ高速通信可能(深夜1時から朝9時まで高速LTEが365日使い放題、それ以外常時最大128kbps)な「NIGHT PLAN(ナイトプラン)」、平日の深夜1時から17時まで高速LTEが使い放題(平日の深夜1時から17時まで高速LTEが使い放題、それ以外常時最大128kbps)の「PREMIUM PLAN(プレミアムプラン)」など使う時間帯によってお得になるというような他の格安SIMでは見ないユニークなプランが目立ちます。

 

時間帯が限定されているので、利用者は限定されますが、LTEを使いたい放題使えるというところにはメリットがあります。スマートフォンで動画サイトを見ていると、使用量によっては「速度制限がかかってしまうほど通信量を使ってしまった」という事態もこのプランなら何の問題もありません。ちゃんと自分のスマートフォン使用時間を把握している人にはピッタリのプランです。

 

スマモバの5GBとLTE使い放題では、データ専用SIMと音声通話機能付きSIMの値段が一緒です。一般的にはデータ専用SIMのプランよりも通話ができる分、音声通話機能付きのSIMの方が+700円〜位の割合で高くなっています。5GBで2480円というのはアイアイジェイミオで1520円、楽天モバイルが1450円ということを考えるとかなり割高です。

 

取り扱い箇所が全国で1050ヶ所というのは魅力だけど・・・

実店舗での取り扱いが少ない格安SIMはインターネットでの購入がメインです。実店舗での販売に力を入れ始めているMVNOもありますが、キャリアと比べるとまだまだ少ないのが現状です。そんな中でスマモバは全国1050ヶ所の実店舗で取り扱いがあります。そこは実店舗が少ない格安SIMの中で魅力的な点あり、他の格安SIMにはない大変大きな強みなのですが・・・素直に進められない理由があります。

 

それは他の格安SIMと比べると問題点が非常に多いという点です。先ず第一にスマモバは他のMVNOに比べてプランもややこしく、料金もかなり割高です。スマモバの場合、5GBのデータ通信プランでも2480円かかりますが、DMMモバイルだと5GBのプランでだと1210円です。しかもデータSIMと音声通話SIMの値段が同じなので、データSIMを選ぶ値段的なメリットが何もありません。

 

ですが、スマモバの本当の問題はそこではありません

まず端末とセットで購入した時はかなり危険です。スマモバでスマホセットを購入した場合、「LTE使い放題プラン+スマホセット」or「5GBプラン+スマホセット」のプランが適用されます。料金はそれぞれ5980円、4980円(音声通話付き)と高額なのですが、実はこの料金にはスマホの端末代は含まれていないのです。

 

例えばスマモバ公式ホームページに則ってarrosw M03を「LTE使い放題プラン+スマホセット」で購入したとします。月額基本料金が5980円、そして本体料金が2000円で7980円、ここから月々割で3000円割引されて、4980円で利用することができます。(ただし36ヶ月目以降は月々割の適用が外れてまた5980円に戻ります)

 

スマモバでarrosw M03を購入する場合の価格

 

arrosw M03の価格が7万2000円!?

これだけでもかなり割高なのですが、もっとおかしいのが端末料金です。月々3000円も割引されているので実質無料と思われがちですが、割引前のそもそもの料金が2000円×36ヶ月=7万2000円というのはかなりバカげている値段です。arrows M03はだいたいどこから購入しても3万5000円ほどの料金です。

 

割賦手数料があるにしても、7万2000円というのは異常です。このせいで、もし2年使ったうえで解約をしたとしても、端末の残債が2万4000円残った状態になってしまうのです。もちろんこの料金は解約時に請求されてしまいます。(ちなみに2年以内の解約だと、さらに違約金9800円が必要です)

 

 

ホーシム

 

違約金もなし、残債もなしの状態でスマモバを解約するまでは3年かかるという計算です・・・。キャリアの「2年縛り」に違和感を感じて格安SIMに乗り換える人も多いのに、これにはもはや悪質さすら感じます。

 

SIMカードだけの申し込みなら100歩譲って許せるのですが、それでも単なる割高なSIMカードという感じで、まったくおすすめはできません。

 

 

そしてそれ以上に酷いのが、問い合わせの電話です

まず公式ホームページをどれだけ探しても電話番号が載っていません。唯一乗っているのが「特定商取引に基づく表示」を掲載しているページです。そして電話番号が見つかったはいいのですが、この電話がとにかく繋がらりません。実際にツイッターなどで「スマモバ 繋がらない」と検索すれば、実際にその酷さがわかるかと思います。

 

ツイッター「スマモバ 繋がらない」

 

しかもこの電話は0570から始まるナビダイヤルの番号なので、つながらない間もお金が発生しているのです。普通「○○(格安SIMの名前) 繋がらない」で検索しても、ネットにつながらないなどのツイートが出てくるものなのですが、電話につながらないことを嘆くツイートが出てくるのはスマモバくらいじゃないでしょうか。

 

ちなみに解約をするためにはここに電話して、解約同意書類を送ってもらう必要があります。インターネットでの解約申し込みや、店舗へ行っての解約手続きは一切できません。なのに電話がつながらないから解約できず、通話料と割高な月額料金だけが積み重なってしまうのです。

 

スマモバはポケットWiFiを無制限で使えるという点や格安SIMの中でも店舗での取り扱いが多いという点に関しては魅力的なのですが、それ以外の部分での評判がかなり悪いため、当サイトでスマモバはおすすめしません。

 


スマモバのまとめ

  • 当サイトではスマモバはおすすめしません

 

 

ホーシム

 

スマモバに関して調べ直してみたのですが、非常に問題点が多いMVNOだということがわかりました。スマモバ自体は実店舗の数をドンドン増やすなどとにかく勢いはあるのですが、個人的には近いうちに消費者センター行きになるのではないか?とすら思っています。

 

イメージキャラクターだったモデルの“池田エライザ”さんとの契約も切れたみたいだし、これからどうなっていくのでしょう。。。