格安SIMでそのまま使えるドコモ・au端末について説明します。

格安SIMでそのまま使えるドコモ・au端末

格安SIMと格安スマホはセットで使うものだと思っている人も多いと思いますが、そんなことはありません。格安SIMに乗り換える前に使っているキャリアの端末がそのまま格安SIMで使える場合もあります。格安SIMで使えるのはドコモとauの端末になります。ソフトバンクは基本的には対応していません。

 

特にドコモ利用者はドコモ回線を使用しているMVNOが多いので、格安SIMと端末の組み合わせの幅が広がると思います。(ソフトバンクは格安SIMがありませんが、一応Y!mobileを格安SIMという扱いにしています。)それぞれの格安SIMは回線を貸している大元のMNOのものとしてみなされます。

 

例えばドコモ回線ならドコモ、au回線ならauという感じです。つまり乗り換え前後の回線が同じならそのまま使えるということになります。ガラケーやソフトバンクの端末を使っている場合は新しく格安スマホを購入する必要があります。キャリアで使っている端末をそのまま格安SIMで使うメリットは、端末代金の節約だけではありません。キャリアで取り扱っている端末は格安スマホでは取り扱っていないものも多いので、キャリアで人気の「Xperia」や「GALAXY」といった人気ブランドの機種も選びたい放題です。

 

設定の仕方は格安スマホとほぼ同じ

 

キャリアモデルの端末を格安SIMで使う場合、あらかじめSIMロックの解除やネット接続のためのAPN設定が必要です。キャリアスマホの端末でMVNO用の設定がされている機種はありませんが、やり方は格安スマホとほぼ同じで難しい事は一切ありません。

 

キャリアの端末を格安SIMでそのまま使った場合、デザリングが出来なくなるなどの一部の制約はありますが、コストパフォーマンスはかなり高いので、格安SIM乗り換えの際の選択肢として覚えておいてください。それでは格安SIMで使えるドコモとauの端末を紹介していきます!

 

 

ホーシム

 

キャリア端末を格安SIMと使うことでキャリアモデルに内蔵されているキャリアのサービスの一部も使うことが可能です。ソフトバンクの端末も一部のみSIMロック解除に対応しています。SIMロック解除すればもちろん格安SIMの使用も可能ですが、事前にSIMロック解除に対応しているかどうかを調べる必要があります。この辺は公式ホームページで調べられます。

 

例えば「おサイフケータイ」。サービスによっては使うことができませんが、モバイルSuicaのようなサービスはMVNOの回線でもOKです。dTVやdアニメのようにキャリアフリーのサービスはIDさえ作れば普通に使えます。

 

特に格安スマホの端末は「おサイフケータイ」に対応したものが少ないので、これもキャリア端末を格安SIMと使うメリットかもしれませんね。紹介した端末はドコモとauの代表的なものです。当然それ以外も使えます。ホーホー。


格安SIMと使えるドコモ端末

中古市場でも人気のドコモ端末を紹介していきます。種類が多く、ユーザーにとっては選択肢が多いというメリットがあります。さらに、Androidに加えてiPhoneでも問題なく動作するというのも特徴です。

 

ドコモの端末はほとんどすべての端末がSIMロック解除に対応しています。2014年4月以前に発売された端末については即日解除に対応していますが、2014年5月のSIMフリー以降に発売された端末は購入後6ヶ月経過しないとSIMロック解除ができません。又、すでにドコモの契約を解除してしまった端末でも解約から3ヶ月以内ならSIMロック解除に対応しています。

 

【中古市場でも人気のドコモ端末】

 

■SONY「Xperia Z3 Compact」

 

■SONY「Xperia Z3」

 

■サムスン「GALAXY Note Edge」

 

⇒ドコモ回線でおすすめの格安SIM

 

格安SIMと使えるau端末

au回線を使ったMVNOは「mineo(マイネオ)」と「UQモバイル」の2社のみで選択肢は少ないですが、端末の種類に関してはドコモに引けを取りませんし、ドコモにはない端末を選ぶことも出来ます。

 

auの端末は2015年5月以降に発売された端末とそれ以前に発売された端末の一部がSIMロック解除に対応しています。ただし、SIMロックの解除は購入後180日経過したものに限ります。auの場合、すでに契約を解除した端末のSIMロック解除は出来ません。

 

【中古市場でも人気のau端末】

 

■SONY「Xperia Z Ultra」

 

■SONY「Xperia Z3」

 

■SHAPE「AQUOS SERIE」

 

■SHAPE「AQUOS SERIE mini」

 

⇒au回線でおすすめの格安SIM

 

関連ページ

そもそもSIMって何?
SIMフリーとは?
SIMフリーのメリットとデメリット
格安SIMのデータ容量はどの位必要?
MVNO(一次業者と二次業者)とは?
格安スマホの選び方について
どんなスマホなら格安SIMが使えるの?
SIMロックの解除方法(ドコモ、au、ソフトバンク)
格安SIMはどこで買える?
電話アプリで格安スマホの通話料金を安く
MNPの手順と料金(ドコモ、au、ソフトバンク)
格安SIMの支払いにおすすめのクレジットカード
格安スマホとタブレットの違い
格安スマホなら人と違った端末が選べる
格安SIMのデータ専用と音声通話機能について
知らないと損をするキャリアとMVNOの違約金について
格安スマホでかけられない電話番号
無料Wi-Fiで通信料を節約
自宅で格安スマホをWi-Fiで使う
実は違うWi-FiとWiMAX!格安SIMのお供ならWiMAXが適任!
ルーター代わりに格安SIM無制限プランのテザリングは使える?
iPhoneを格安SIMで使う
実は一押し!ガラケーとタブレットの2台持ちについて
ガラケーのプランを見直す(ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル)
格安SIMには様々なプランがある
格安SIMに乗り換えてもキャリアメールは使える!?その手順を大公開
格安SIMをネット購入する際の注意点!特にMNPは要注意
格安SIMのLTE使い放題ってどうなの?
どこが速い?格安SIMの通信速度ランキング
格安SIMって海外で使えるの?
ポケモンGOで格安SIMがお得!MVNOで関連キャンペーン実施中
格安SIM選びで失敗しない6つのポイント
ガラケーに格安SIMは使える?ガラホがおすすめの理由
格安SIMデメリットまとめ
かけ放題の格安SIM!おすすめはどこ?
iPhoneを格安SIMで使う場合に確認しておきたいAppleID
楽天カードと楽天モバイルの組み合わせがお得!ポイント還元率は驚異の5%
ソフトバンク回線の格安SIM!?「U-mobile S」とは
【要注意】選んじゃダメ!悪い所が気になる格安SIMとは
Apple SIMって格安SIMなの?
mineoのプレミアムコースってどうなの?