格安SIMを扱う、MVNO(一次業者と二次業者)について説明します。

MNO、MVNO、MVNEとは?

MVNO

 

格安SIMに興味を持った場合、「MNO、MVNO、MVNE」という言葉を耳にするのではないでしょうか?MNOというのは「Mobile Network Operator(モバイルネットワークオペレーター)」の略で、いわゆるキャリアです。日本の代表的なキャリアといえば、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクです。そのキャリアから回線を借りているのがMVNOです。このページではそんなMVNOについて説明していきます。

 

【目次】

  1. MVNO、MVNEについて
  2. 何故、MVNOの料金は安いのか?
  3. MVNOの一次業者と二次業者


MVNO、MVNEについて

格安スマホを利用する際にカギを握るのが格安SIMを販売している通信業者「MVNO(仮想移動体通信事業者)」です。このMVNOに回線の設備を提供する会社や団体のことを「MVNE(Mobile Virtual Network Enabler)」と呼んでいます。

 

そもそも、スマホの通話回線やデータ回線は、3大キャリアである、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクしか持っていません。その回線を借りてサービスを行っているのがMVNOなのです。その為、あまり聞いたことがないような名前の格安SIMでも品質が著しく落ちえるということはありませんので安心して下さい。

何故、MVNOの料金は安いのか?

 

では何故、MVNOの料金はキャリアよりも安いのでしょうか?

 

それは3大キャリアのように日本全国の回線保守作業や十店舗の運営を行っていないからです。それゆえ大キャリアに比べてかなり安い値段でSIMカードを提供することが出来るのです。このMVNOが提供している格安SIMを使うことによって格安スマホの運用コストを抑えることが出来ます。

 

MVNOの回線は、NTTドコモ、KDDI(au)の2種類です。ソフトバンクは現在格安SIMの販売は行っていませんが、傘下の「Y!mobile」を格安SIMと位置付けています。格安SIMを購入するとSIMに回線を表す、ドコモやauのロゴが入ります。現在のMVNOでは、NTTドコモの回線を利用する業者が大多数を占めています。auの回線網を利用している業者は「mineo(マイネオ)」と「UQモバイル」の2社のみです。

 

MVNOが特に力を入れているのが、格安SIM格安スマホのセット販売です。これは、海外メーカーのグローバルモデルを独自に調達し、自社の格安SIMカードと組み合わせて販売するというものです。全体的な性能はキャリアスマホに比べるとやや劣りますが、最新機能を求めない人や、メールやSNSと簡単なウェブの観覧が出来れば十分という人には、キャリアスマホに比べて圧倒的に運用コストが安いのが魅力です。

MVNOの一次業者と二次業者

格安SIMを販売するMVNOは多数ありますが、その中でもドコモやauから回線を直接借りている一次業者と、一次業者からさらに回線を借りている二次業者が存在します。

 

一次業者は「OCNモバイルONE」、「IIJmio」、「b-mobile」などで、二次業者は「DMMモバイル」や「NifMo」などです。

 

一次業者と比べて二次業者のほうが品質が悪いというようなことはありませんが、二次業者の格安SIMのほうが混雑時に多少速度が遅くなる傾向があります。

 

【MVNO(ドコモ回線) 一次業者と二次業者】

一次業者

二次業者

OCNモバイルONE

NTTぷらら/NifMo/ASAHIネット/Tikiなど

IIJmio

DMMモバイル/hi-ho/BB.excite/BICSIMなど

freebit mobile

フリモバ/DTI/U-mobileなど

b-mobile

Amazon/楽天ブロードバンド/イオンなど

So-net

Amazon/GEOなど

 

 

ホーシム

 

料金の安さ」をウリにしている格安SIMですが、実際に商売としては成立しているのでしょうか?

 

実は5〜6年前に比べるとキャリアからの回線レンタル料金が大幅に安くなったこともあって商売としては成り立ちやすくなっています。ただし、これで参入する業者が増えて同業者同士でパイの取り合いになっているのも事実ですが。。。

 

なので、「OCNモバイルONE」や「IIJmio」などの一次業者は自分たちがキャリアから借りた回線を二次業者に「又貸し」する商売もしているのです。技術がシッカリしているとこういうことも出来るんですね。