そもそもSIMって何?

人気記事

そもそもSIMって何?

SIM

 

そもそもSIMって何なのでしょうか?普通に携帯電話を使っているとSIMを目にする機会はあまりないと思いますが、格安SIMについて理解する前提として必要なのが、SIMカードに関する知識です。

 

SIM(Subscriber Identity Module)とは、携帯電話などに挿入して使う小型のICカードのことです。その名の通り、回線契約のSubscriber(契約者)をIdentity(識別)するために必要となります。これは、クレジットカードにも使用されている物で携帯電話やスマホの通話料金やデータ料金の請求に使われています。このSIMカードはスマホはもちろん、携帯電話(ガラケー)にも装着されています。

 

このSIMカードには、端末で利用する電話番号などの回線情報が記録されており、これなくして携帯電話は通常の通信をおこなえません。端末は、SIMカードによって回線契約と分離させられているということです。SIMカードは、クルマにおけるETCカードのようなものだと考えてもらってもいいかもしれません。

 

高速道路を利用する際の現金支払いを不要としてくれるETCカードは、他人所有のクルマに挿して使うこともできます。ETCカードの契約はクルマではなくカードと紐付けられているからです。SIMカードもそれと同様で、SIMカードを取り出して他の端末に挿せば、その端末を自分の回線契約に紐づく端末として使用できるようになります。

 

サイズや通信規格が合えば、現在使っているスマホからSIMカードを抜いて違うスマホに差し込めば今までと同じ電話番号で通話することが出来ます。同じSIMカードを使っていろいろなスマホやタブレットを使用する事ができたり、1つのスマホに複数のSIMカードを差し替えて利用する事もできます。

 

ですので今使っているキャリアから料金の安い格安SIMに乗り換えれば今までのスマホの料金よりも割安な料金で使うことが出来ます。キャリアが発行しているSIMに対して格安SIMは、キャリアの電話回線を借りて事業を行うMVNOのことです。

 

格安SIMの魅力はなんと言っても料金が安くなることですが、つながり易さもキャリアと変わりませんし、電話番号も引き継げます。ただ、今使っているSIMを格安SIMに交換する事はメリットばかりではありません。3大キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクのSIMと格安SIMそれぞれのメリットやデメリットをしっかりと理解しておくことが大切です。

 

MVNO(一次業者と二次業者)とは?


格安SIMのサイズは3種類

SIMサイズ

 

格安SIMに変更する場合、スマホ本体それぞれに合った大きさのSIMカードがあるので、注意が必要です。最近のスマホに使われているSIMカードの種類は、大きい方から「標準SIM(25mm×15mm)」、「microSIM(15mm×12mm)」、「nanoSIM(12.3mm×8.8mm)」の3種類です。

 

最も大型の「標準SIM」は、最も古くから使われているSIMカードで初期のスマホや海外製の格安スマホなどで使用されています。現在最も使用されているのが小型の「microSIM(15mm×12mm)」で、最新のandroidスマホや「iPhone 6/6 Plus」などに使われているのが超小型の「nanoSIM(12.3mm×8.8mm)」です。

 

格安SIM交換時には、必ず自分のスマホに合うSIMのサイズを把握しておきましょう!


SIMサイズはnanoにしておけばどんなサイズにも対応できるのだが・・・

 

SIMカードのサイズに迷った場合「nano SIM(12.3mm×8.8mm)」を買えば間違いありません。それは、「SIM変換アダプタ」というものがあるからです。これを使うと、簡単に「nano SIM」を「micro SIM(15mm×12mm)」や「標準SIM(25mm×15mm)」に対応させることが可能だからです。

 

現在キャリヤスマホと契約していれば、どの末端にも必ず装着されているので、使用中の機種のどこにSIMの装着口があるか確認してみましょう。

 

 

ホーシム

 

「SIM変換アダプタ」は大変便利なものなのですが、接触不良やスマホ本体のスロットに挿入したり抜き出したりする時にSIMだけ抜け落ちてしまう場合があります。

 

SIMだけ抜け落ちてしまった場合、スマホ内部にあるSIMのICを読み取る端子が「SIM変換アダプタ」の窪みに引っかかって向けなくなるというトラブルがあります。やると解りますがかなり面倒で凹むトラブルです・・・。解りたくないでしょうが。。。

 

これは「SIM変換アダプタ」とSIMが固定されてないために起こるトラブルなので両面テープなどを利用してSIMを固定してやれば問題ありませんが、ドコモショップや家電量販店に自分のスマホを持ち込めば、簡単に自分のスマホに合ったサイズのSIMカードに変更することが出来ます。

 

「SIM変換アダプタ」は便利ですが、あくまでも一時的な処理として自分のスマホの端末に合ったSIMカードの利用をおすすめします。


関連ページ

SIMフリーとは?
SIMフリーのメリットとデメリット
格安SIMのデータ容量はどの位必要?
MVNO(一次業者と二次業者)とは?
格安スマホの選び方について
どんなスマホなら格安SIMが使えるの?
SIMロックの解除方法(ドコモ、au、ソフトバンク)
格安SIMはどこで買える?
電話アプリで格安スマホの通話料金を安く
MNPの手順と料金(ドコモ、au、ソフトバンク)
格安SIMでそのまま使えるドコモ・au端末
格安SIMの支払いにおすすめのクレジットカード
格安スマホとタブレットの違い
格安スマホなら人と違った端末が選べる
格安SIMのデータ専用と音声通話機能について
知らないと損をするキャリアとMVNOの違約金について
格安スマホでかけられない電話番号
無料Wi-Fiで通信料を節約
自宅で格安スマホをWi-Fiで使う
実は違うWi-FiとWiMAX!格安SIMのお供ならWiMAXが適任!
ルーター代わりに格安SIM無制限プランのテザリングは使える?
iPhoneを格安SIMで使う
実は一押し!ガラケーとタブレットの2台持ちについて
ガラケーのプランを見直す(ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル)
格安SIMには様々なプランがある
格安SIMに乗り換えてもキャリアメールは使える!?その手順を大公開
格安SIMをネット購入する際の注意点!特にMNPは要注意
格安SIMのLTE使い放題ってどうなの?
どこが速い?格安SIMの通信速度ランキング
格安SIMって海外で使えるの?
ポケモンGOで格安SIMがお得!MVNOで関連キャンペーン実施中
格安SIM選びで失敗しない6つのポイント
ガラケーに格安SIMは使える?ガラホがおすすめの理由
格安SIMデメリットまとめ
かけ放題の格安SIM!おすすめはどこ?
iPhoneを格安SIMで使う場合に確認しておきたいAppleID
楽天カードと楽天モバイルの組み合わせがお得!ポイント還元率は驚異の5%
ソフトバンク回線の格安SIM!?「U-mobile S」とは
【要注意】選んじゃダメ!悪い所が気になる格安SIMとは
Apple SIMって格安SIMなの?
mineoのプレミアムコースってどうなの?