格安スマホのメリットとしてキャリアにはない珍しい端末を使うことができるというのがあります。

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

格安スマホなら人と違った端末が選べる

格安スマホ

 

キャリアで販売されているスマホ、いわゆるキャリアスマホは販売数が多いので友達や会社の同僚などと被ることも多いのが事実です。その点MVNOで扱っている格安スマホならキャリアにはない珍しい機種が多くあります。格安スマホに乗り換えるメリットとして値段が安くなるというのも、もちろんありますが、その他のメリットとしてキャリアにはない珍しい端末を使うことができるというのがあります。

 

キャリアスマホが国内向けに設計されているのに対して、格安スマホは世界共通仕様になっています。国際規格に合わせて作っているので余計な機能が無くシンプルなのが特徴です。仕様や機能を各国ごとに変更する手間がないので、その分製造コストが下がり、それが販売価格にも反映されています。キャリアスマホに比べて格安スマホに比較的値段が安い端末が多いのはこうした理由によるものです。


格安スマホのほとんどが海外メーカー

格安スマホの主流となるのは海外メーカーのものになります。値段の割にスペックが高いのが特徴ですが、キャリアスマホに比べると防水や防塵への対応が甘く、「おサイフケータイ」などの国内の便利なサービスに対応していないという欠点もあります。

 

ただし、格安スマホにはキャリアスマホにはないメリットが数多くあります。キャリアスマホの場合は日本国内向けなので、通信方式と周波数帯が日本国内でしか使えない仕様になっています。しかし格安スマホの場合は、世界各地の主要な通信方式と周波数帯に幅広く対応しています。

 

その為、日本国内のMVNOはもちろん、海外でも通信方式と周波数帯が端末と合えば、現地で購入したSIMカードを挿して使うことも可能です。あと意外と知られていませんが、キャリアスマホよりも格安スマホの方がOSのアップデートのタイミングが速いので、常に最新の状態でスマホを使えるというメリットがあります。

国産メーカーならではのメリットも

だだ、格安スマホに興味を持っている人の中には海外ブランドの端末に不安を感じる人もいるのではないでしょうか?そんな人におすすめなのが日本製の格安スマホです。ガラケーからの技術がスマホに引き継がれていて防水や防塵に対応している端末がほとんどです。

 

海外メーカーの格安スマホをお風呂で使うとしたらジップロックなどに入れなければなりませんが、防水に対応した国産モデルならそのままお風呂で使っても問題ありません。中には耐衝撃性にも対応した端末もあって、さすが国産モデルと思わせる仕上がりになっています。

 

まだまだ日本製の格安スマホは種類が少ないですが、SONY「Xperia J1 Compact」、富士通「arrows M01」などキャリアで人気の端末がMVNO用に設計されてラインナップされています。

 

国内モデルのメリットはブランドに対しての安心感だけではありません。国内メーカーの格安スマホには、「おサイフケータイ」や「ワンセグ」など国内向けの機能が搭載されたものが多いという特徴があります。逆に海外メーカーの格安スマホにはこれらの機能は使えませんが、日本のメーカーや国内向けの機能にこだわらなければ特に気にする必要もありません。自分に合ったお気に入りの端末を見つけて充実した格安スマホライフを送りましょう!

 

 

ホーシム

 

国内向けの機能といっても「おサイフケータイ」が付いているのはSONY「Xperia J1 Compact」くらいですね。今のところ。個人的に国産モデルの良いと思うところは、サイズがコンパクトなので持ち運びの邪魔にならないのと片手操作が楽々できるところです。あとは防水・防塵なんかもしっかりしているところですかね。

 

ただし格安スマホに関しては、海外メーカーが悪いということは全くないです。格安スマホで人気の端末「Nexus 6」なんかあのグーグルのモデルですし、絶えず高評価を得ている「ZenFone 2」や「ZenFone 5」を販売しているASUS(アスース)は台湾メーカ―、人気の「オーナー6プラス」を販売しているHUAWEI(ファーウェイ)は中国のメーカーです。

 

格安スマホに関しては国内メーカーは完全に海外メーカーに遅れを取っているのが現状です。ASUSやHUAWEIの部品には日本製が結構使われているという話ですが・・・。


関連ページ

そもそもSIMって何?
SIMフリーとは?
SIMフリーのメリットとデメリット
格安SIMのデータ容量はどの位必要?
MVNO(一次業者と二次業者)とは?
格安スマホの選び方について
どんなスマホなら格安SIMが使えるの?
SIMロックの解除方法(ドコモ、au、ソフトバンク)
格安SIMはどこで買える?
電話アプリで格安スマホの通話料金を安く
MNPの手順と料金(ドコモ、au、ソフトバンク)
格安SIMでそのまま使えるドコモ・au端末
格安SIMの支払いにおすすめのクレジットカード
格安スマホとタブレットの違い
格安SIMのデータ専用と音声通話機能について
知らないと損をするキャリアとMVNOの違約金について
格安スマホでかけられない電話番号
無料Wi-Fiで通信料を節約
自宅で格安スマホをWi-Fiで使う
実は違うWi-FiとWiMAX!格安SIMのお供ならWiMAXが適任!
ルーター代わりに格安SIM無制限プランのテザリングは使える?
iPhoneを格安SIMで使う
実は一押し!ガラケーとタブレットの2台持ちについて
ガラケーのプランを見直す(ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル)
格安SIMには様々なプランがある
格安SIMに乗り換えてもキャリアメールは使える!?その手順を大公開
格安SIMをネット購入する際の注意点!特にMNPは要注意
格安SIMのLTE使い放題ってどうなの?
どこが速い?格安SIMの通信速度ランキング
格安SIMって海外で使えるの?
ポケモンGOで格安SIMがお得!MVNOで関連キャンペーン実施中
格安SIM選びで失敗しない6つのポイント
ガラケーに格安SIMは使える?ガラホがおすすめの理由
格安SIMデメリットまとめ
かけ放題の格安SIM!おすすめはどこ?
iPhoneを格安SIMで使う場合に確認しておきたいAppleID
楽天カードと楽天モバイルの組み合わせがお得!ポイント還元率は驚異の5%
ソフトバンク回線の格安SIM!?「U-mobile S」とは
【要注意】選んじゃダメ!悪い所が気になる格安SIMとは
Apple SIMって格安SIMなの?
mineoのプレミアムコースってどうなの?
格安SIMの詳細とメリットやデメリットまとめ