U-mobile(ユーモバイル)からソフトバンク回線の格安SIMが発売されました。

人気記事

ソフトバンク回線の格安SIM!?「U-mobile S」とは

ソフトバンク回線の格安SIM

 

2017年3月、U-mobile(ユーモバイル)が新たなSIMカードを発売しました。その名も「U-mobile S」です。業界史上初のソフトバンク回線を使った格安SIMです。SIMロックに非対応のソフトバンクiPhoneに対応した格安SIMということで、いったいどんな特徴があるのでしょうか。


古いソフトバンクのiPhoneやiPadにも対応

U-mobile Sは業界初のソフトバンクのiPhoneに対応した格安SIMです。実は古いソフトバンクの端末は、格安SIMをそのまま差し込んで利用することができませんでした。今でこそ、SIMロックの解除を行えば、格安SIMのカードを差し込んで利用することができますが、そのロック解除に対応しているのは2015年の5月以降に発売した端末のみでした。

 

具体的にはiPhone 6s以降の端末がロック解除に対応しているのですが、iPhone 6以前の端末はSIMロック解除に対応しておらず、本家ソフトバンク以外のSIMカードでは通信することができませんでした。ちなみにドコモやauの古い端末は、それぞれドコモ系、au系の格安SIMを差し込めばそのまま利用することができました。(2015年5月以降に発売した端末は、ソフトバンクと同様にSIMロックの解除が必要)

 

ドコモ回線でおすすめの格安SIM

 

au回線でおすすめの格安SIM

 

つまり、3大キャリアの中でソフトバンクの古い端末のみが、格安SIMで運用することができなかったのです。そのため、この「U-mobile S」は、ソフトバンクの古い端末にそのまま差し込んで使うことができる、MVNOの中でも初めての格安SIMとしてサービスを開始しました。

 

 

ホーシム

 

ちなみに「U-mobile S」とほぼ同時期に日本通信の提供するb-mobile SIMがソフトバンク系の格安SIMである「開幕SIM」というサービスを開始しています。

U-mobile Sの評判

それでは「U-mobile S」の評判などを見ていきましょう。「U-mobile S」のプランは1GB、3GB、7GB、そして30GBの4種類のプランです。ちなみに、b-mobileの開幕SIMも、料金は全く同じになっています。やはりまず目が行くのは、1GBが880円という、高めの料金設定です。

 

【U-mobile S】

データ容量

月額料金

1GB

880円/月

3GB

1580円/月

7GB

2980円/月

30GB

4980円/月

 

他のドコモ回線の格安SIMであれば1GBなら500円前後で利用できますので、880円という料金はかなり割高の料金です。また、「U-mobile S」は、データ通信SIMのみで、音声通話のプランはありません。

 

「U-mobile S」は、SMSもついておらず、テザリングも不可ということなので、メインスマホとしての利用は難しいところにも気をつけなければなりません。もともとコンセプトは「理想の2台持ち」とのことなので、利用するなら通話用のスマホorガラケーを持っていることが大前提になります。

 

実は一押し!ガラケーとタブレットの2台持ちについて

対応端末はiPhoneやiPadのみ(SIMフリーやSIMロック解除済みも可)

対応端末はソフトバンク系のiPhoneやiPadに加えて、SIMフリーのiPhone、iPad、さらにドコモやauのSIMロック解除済みiPhone、iPadにも対応しています。やはり今までどの格安SIMも対応していなかった古いソフトバンク系の端末に対応できるというのが、「U-mobile S」の最大の売りになるでしょうか。

 

 

ホーシム

 

iPhoneは端末自体の対応周波数がかなり多いので、ドコモやauのiPhoneでも、SIMロックを解除すればソフトバンクの電波を拾うことができます。

 

通信速度は今のところ速い

通信速度も今のところは安定して速いスピードが出ています。ただし、速度に関してはサービス開始当初ということで、今後遅くなっていく可能性は十分に考えられます。これは「U-mobile S」に限らず、どこの格安SIMにもいえることなのですが、サービス開始当初は速度が速くても、利用者が増えて回線が混雑してくると、大幅にスピードが落ちてしまうという傾向があります。

 

今後、この辺りをどう乗り越えるかが、「U-mobile S」の本当の勝負になってきます。しかし、これはまだまだサービスの第1弾ということで、今後も対応端末の拡充や音声通話SIMの登場も考えられるかもしれません。今後の動向に注目していきたいところです。

 

 

ホーシム

 

「U-mobile S」は、今までなかったソフトバンク回線の格安SIMという点でインパクトはかなり大きかったですね。

 

ただ、通信速度は速いものの、料金がやや割高で、通話・SMS・テザリングなし、なおかつ対応端末がiPhone・iPadのみという非常に限定的な使い方になります。

 

結論として、現段階で、あえて「U-mobile S」を選ぶ理由はほとんどありません。今後に注目していきたいです。


関連ページ

そもそもSIMって何?
SIMフリーとは?
SIMフリーのメリットとデメリット
格安SIMのデータ容量はどの位必要?
MVNO(一次業者と二次業者)とは?
格安スマホの選び方について
どんなスマホなら格安SIMが使えるの?
SIMロックの解除方法(ドコモ、au、ソフトバンク)
格安SIMはどこで買える?
電話アプリで格安スマホの通話料金を安く
MNPの手順と料金(ドコモ、au、ソフトバンク)
格安SIMでそのまま使えるドコモ・au端末
格安SIMの支払いにおすすめのクレジットカード
格安スマホとタブレットの違い
格安スマホなら人と違った端末が選べる
格安SIMのデータ専用と音声通話機能について
知らないと損をするキャリアとMVNOの違約金について
格安スマホでかけられない電話番号
無料Wi-Fiで通信料を節約
自宅で格安スマホをWi-Fiで使う
実は違うWi-FiとWiMAX!格安SIMのお供ならWiMAXが適任!
ルーター代わりに格安SIM無制限プランのテザリングは使える?
iPhoneを格安SIMで使う
実は一押し!ガラケーとタブレットの2台持ちについて
ガラケーのプランを見直す(ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル)
格安SIMには様々なプランがある
格安SIMに乗り換えてもキャリアメールは使える!?その手順を大公開
格安SIMをネット購入する際の注意点!特にMNPは要注意
格安SIMのLTE使い放題ってどうなの?
どこが速い?格安SIMの通信速度ランキング
格安SIMって海外で使えるの?
ポケモンGOで格安SIMがお得!MVNOで関連キャンペーン実施中
格安SIM選びで失敗しない6つのポイント
ガラケーに格安SIMは使える?ガラホがおすすめの理由
格安SIMデメリットまとめ
かけ放題の格安SIM!おすすめはどこ?
iPhoneを格安SIMで使う場合に確認しておきたいAppleID
楽天カードと楽天モバイルの組み合わせがお得!ポイント還元率は驚異の5%
【要注意】選んじゃダメ!悪い所が気になる格安SIMとは
Apple SIMって格安SIMなの?
mineoのプレミアムコースってどうなの?