1GBの格安SIMについて説明します。

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

1GBの格安SIM

1GBの格安SIM

 

このページではLTE回線を使ったデータ容量が1GBの格安SIMを紹介します。どうせ格安SIMに乗り換えるのだから「料金を1円でも安く抑えたい!」そんな人も少なくはないでしょう。ただ、いくら値段が安くなっても「低速の回線ではストレスがたまって満足できない」という人にはLTE回線対応の1GBのプランが最適です。

 

 

ホーシム

 

1GBくらいの容量だとメールのチェックやヤフーニュースの確認くらいしかしない、普段あまりインターネットをしない人向けです。

 

とりあえず連絡の為にスマホだけは持ているようなライトユーザー向けのプランですね。


格安SIM選びに迷ったら1GBのプランから始めてみてください

格安SIMでスマホを運用する月額料金が安くなります。そうはいっても、「いったい何GBのプランを選べば良いのか?」と迷ってしまいまう人も少なくはないでしょう。格安SIMを契約する際にデータ容量を何GBにするか迷う人も多いと思いますが、そんな時は1GBのプランから始めてみてはいかがでしょうか?

 

格安SIMの料金プランは契約後でも変更が可能なので、先ずは1GBのプランで何ヶ月か使ってみて使い切ってしまうことが多いなら一つ上のプラン変更すれば良いと思います。

1GBプランで選ぶ格安SIM

格安SIMに乗り換える場合に、価格を安く抑えたいのであれば1GBのプランなのですが、本当にこれだけで容量は足りるのでしょうか。まずは1GBプランを提供しているMVNOを紹介します。代表的なMVNOを料金の安い順番に紹介していくと「DMMモバイル」と「イオンモバイル」が480円/月、「DTI SIM」が600円/月、「NifMo(ニフモ)」が640円/月(1.1GB)、「U-mobile(ユーモバイル)」が790円/月 、「mineo(マイネオ)」が800円/月といった感じです。そして特にこの中でおすすめなのは「DMMモバイル」と「mineo」です。

 

DMMモバイル

【データSIM 1GB 480円/月】
DMMモバイル

容量

1GB

データ通信SIM

480円/月

音声通話SIM

1260円/月

ここがポイント
  • 1GBのデータSIMが月額480円
  • 全プランでMVNO最安値レベル
  • 余ったデータ容量の翌月繰り越しやバースト機能など便利な機能が豊富

DMMモバイルのおすすめポイントは、とにかく機能が豊富ということです。容量の繰り越しや追加購入、バースト機能などなど。もし容量が余っても翌月に繰り越しができますし、逆に足りなくなれば追加で購入、あるいはバースト機能を利用して低速で使えば容量を節約するということもできます。しかもプランの変更だって簡単にできるので、まず1GBで様子見をして、足りなければ翌月から他のプランに変更して使うということも可能です。この安定感に加えて高い柔軟性、これがDMMモバイルの強みとなっています。

 

DMM詳細ボタンDMM公式ボタン

 

【データSIM 1GB 800円/月】

マイネオ

容量

1GB

データ通信SIM

800円/月

音声通話SIM

1410円/月

ここがポイント
  • パケットを補充できるサービス「パケットタンク」
  • ドコモとau、両方の回線を扱っているマルチキャリア

他のMVNOに比べるとmineoの1GBプランは料金が少し高めです。しかしそれ以上の価値を持っているのがこのmineoの格安SIMです。マルチキャリアMVNO(ドコモ系SIMとau系SIMの両方を取り扱っている)であるため、auユーザーにとっては数少ない選択肢になりますし、またユニークなサービスをいくつも取り入れているため、料金以上のお得に使っていくことができるのです。

 

特に助かるのはmineoユーザーが集まるコミュニティ「マイネ王」内のサービスで「パケットタンク」というサービスです。このサービスはパケットが余ったユーザーが余った分をタンクに入れておくと、逆にパケットが足りなくなったユーザーがそこからパケットを補充できるというものです。補充できるのは月に2回、1000MBまでですが、このサービスのおかげで1GBでも十分にネットを楽しむことができます。

 

マイネオ詳細ボタンマイネオ公式ボタン

 

 

ホーシム

 

このように普段スマホを軽くしか触らないという人なら1GBのプランでも十分でしょう。逆にネットもゲームも目いっぱい使うという人は、1GBで運用するならWi-Fiをうまく使わなければ厳しいかもしれませんね。ライトユーザーなら1GBのプランをうまく使って料金を抑えていきたいところです。