デビットカードが使える格安SIMについて説明していきます

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

格安SIMでデビットカードは使える?

デビットカードが使える格安SIM

 

ホーシム

 

デビットカードは自分の口座の残高分が支払いに利用できるカードです。見た目はクレジットカードに似ていますがまったく別のものです。

 

クレジットカードに比べて申し込みのハードルが低いので持っている人も多いのではないでしょうか?

 

 

格安SIMではほとんどの場合、支払いをクレジットカードで行うことになります。しかもクレジットカードは本人名義でなくてはいけませんで、親のクレジットカードを借りて契約するというようなことも出来ません(この場合、親名義での申し込みなら可能)。しかし人によってはクレジットカードを持っていない、持ちたくないという人がいるかもしれません。

 

ところが「デビットカードなら持っているのに・・・」、「何とかしてデビットカードで格安SIMの申し込みができないかな」というような人は意外と多いのです。では、格安SIMの支払いにデビットカードは使えるのでしょうか?答えは「YES」です

 

数は少ないですが、実際にクレジットカードが無くても口座振替やデビットカードでの支払いに対応している格安SIMもあります。各MVNOの公式ホームページにはデビットカードの取り扱いは行っていないと明記されていることが多いのですが、実は意外と申し込みが通過することも多いのです。それではデビットカードの支払いに対応している格安SIMについて詳しく見ていきましょう。

 

クレジットカードなしの格安SIM

 

格安SIMの支払いにおすすめのクレジットカード

 


デビットカードが使えると明記されている格安SIM

大半はデビットカード不可ということを公式ホームページに明記している中、数少ないデビットカードOKの姿勢をとっているのが「楽天モバイル」です。楽天モバイルでは楽天銀行のデビットカードである「楽天デビットカード Visa」、「楽天デビットカード JCB」、およびスルガ銀行のデビットカードである「SURUGA Visaデビットカード」での支払いを受け付けていると明記しています。

 

ただしあくまで月額料金のみデビットカードでの支払いがOK、端末の分割払いには対応していないので注意してください。

 

楽天カードと楽天モバイルの組み合わせがお得!ポイント還元率は驚異の5%

 

実際にデビットカードでの支払いができたと報告がある格安SIM

MVNOの中には公式ホームページ上ではデビットカード不可と記していても、実際に申し込み時にデビットカードの番号を入力すると、審査を通過したという話もあります。ここでは実際にデビットカードで支払ができたという報告がある格安SIMについて説明していきます。

 

【デビットカードでの支払いができたと報告がある格安SIM】

  • DTI SIM
  • UQモバイル
  • mineo
  • ロケットモバイル

 

では実際にデビットカードでの支払いができた格安SIMはどこなのでしょうか?具体的には「DTI SIM」、「UQモバイル」、「mineo(マイネオ)」、「ロケットモバイル」という4つのMVNOです。これらは公式ホームページでこそデビットカードは不可だったのですが、問い合わせをしたり、実際に申し込んでみると意外とデビットカードでも審査を通過したというがあります。特に楽天銀行、スルガ銀行、三菱東京UFJ、ジャパンネット銀行(JNB)、りそな銀行当たりのデビットカードあたりで審査が通ったという報告があります。

 

 

ホーシム

 

ただしUQモバイルやmineoなどは、格安SIM・キャリア問わず過去に支払いの延滞があるという方(いわゆる携帯ブラック)は、可能性がガクッと低くなってしまうので注意してください。

絶対にデビットカード不可の格安SIM

また逆にデビットカードでは絶対に申し込みが通らないというMVNOもあります。代表的なのはIIJmio(アイアイジェイミオ)です。以前はデビットカードでの支払いも受け付けていたみたいなのですが、2015年の12月24日をもってデビットカードでの新規契約、デビットカードへの支払い方法の変更の受付を停止しました

 

デビットカードのお取り扱いに関するお知らせ

 

それ以前からずっとデビットカードで支払いをしていたという方は引き続きOKなのですが、今からとなると厳しい状況です。U-mobile(ユーモバイル)も以前はデビットカードでの通過例が非常に多く報告されていたのですが、2016年5月ごろよりデビットNG例が急増しました。中にはクレジットカードへの変更ができなければ強制解約を行う旨のメールが来たユーザーもいるらしく、おそらく新規でデビットカードでの申し込みは絶望的でしょう。

 

同様に下記に記載した「DMMモバイル」、「OCNモバイルONE」、「BIGLOBEモバイル」、「b-mobile」、「ぷららモバイルLTE」、「NifMo(ニフモ)」などは支払いにデビットカードがNG、あるいは審査の通過例が極端に少ない格安SIMとなっています。

 

【デビットカードNG、審査通過例が極端に少ない格安SIM】

  • DMMモバイル
  • OCNモバイルONE
  • BIGLOBEモバイル
  • b-mobile
  • ぷららモバイルLTE
  • NifMo

今後もデビットカードは厳しくなってしまう可能性大

ここまで説明してきたとおり、デビットカードユーザーにとって格安SIMは非常に狭き門となっています。以前はもう少し寛容だったのですが、U-mobileのようにここ最近で一気に厳しくなったところもあり、今後も格安SIMの支払にデビットカードを使うというのはさらに厳しくなっていく可能性が大いにあります。そもそも公式ホームページではデビットカード不可と記載されている以上、デビットカードの申し込みは適切ではありません。

 

仮に申し込めたとしても、それがずっと使い続けられるとは限りません。カード会社側が仕様変更をすることによって、突如引き落としができなくなってしまうということもあり得る以上、仕方がないことです。(実際にデビットカードの中には、以前は公共料金などの月額支払いに対応していたのに、今では不可というところも多い)なので、もしデビットカードで格安SIMを使い続けることを検討しているのなら、現在、全てのMVNOの中では楽天モバイルの格安SIMがが最も適切だと言えるでしょう。

 

デビットカードが使える格安SIMのまとめ

 

 

楽天モバイルの公式サイトはこちら >>

 

 

 

ホーシム

 

デビットカードの支払いは今後も厳しくなっていく可能性は高いですね。基本的に楽天モバイルを選べば間違いないです。学生なら親のクレジットカードで、親名義で契約するというのもありかもしれません。

 

その他の選択肢としては「クレジットカードが必要ない」、口座振替に対応した格安SIMやプリペイド式の格安SIMを検討するのもよいのではないでしょうか?