格安SIMに乗り換えました。格安SIMでガラケーとタブレットの2台持ち。

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

年間で5万円以上節約できる場合も!

知ってますか?プロパンガスは自分で選べます

でも知らない人がほとんど。年間で5万円以上節約できる場合もあります

スマホの料金と一緒にプロパンガスの料金も見直してみてはいかがでしょうか?
※賃貸利用者、都市ガス利用者はあてはまりません

格安SIMでガラケーとタブレットの2台持ち

格安SIMレビュー30代男性

 

格安SIMレビュー】神奈川県 30代/男性 mossanyhさん

MVNO

DMMモバイル

格安SIM

データSIM

プラン

3GB

端末

YOGA Tablet 2

満足度

4.0満足


ガラケーとタブレットPCの2台持ちです

私と妻はそれぞれ「ガラケー+タブレット」の2台持ちをしています。ガラケーはauのものを使っていますが、料金を最安にまで抑えたプランにしており、タブレットPCに格安SIMを入れて使っています。格安SIMのほうは「DMMモバイル」のデータ専用のものです。DMMモバイルで契約しているプランは、通信容量3GBのシェアプランです。SIMカード2枚を契約して、私と妻で3GBをシェア、それぞれのタブレットに使用しています。

 

実は一押し!ガラケーとタブレットの2台持ちについて

 

現在使用しているタブレットPCの機種は、私がLenovo製、「YOGA Tablet 2」の8インチSIMフリータイプ、妻がASUS製の「ZenPad3_8.0」のSIMフリータイプです。2人で3GBで足りるわけがないとお思いの方がいらっしゃるでしょうが、自宅にWi-Fiがありますので問題ありません。自宅では通信容量を消費しませんし、外出先では動画閲覧、ゲームのアプリ等の代表的な通信容量消費コンテンツを使用しませんので、私たち夫婦は3GBのシェアで賄えています。

 

ちなみに、海外旅行に行った際もWi-Fiルーターのレンタルや現地のSIMを購入しておりません。ご存知の方も多いと思いますが、海外は日本よりもWi-Fiフリースポットが充実しておりました。このため、ホテル、カフェ、レストラン、ショッピングモール等で通信ができれば迷子になることもなく、快適に過ごすことができました。

 

自宅で格安スマホをWi-Fiで使う

 

無料でWi-Fiスポットが使える格安SIM

今現在、ガラケーとタブレットの2台持ちの料金

話を戻しまして、現在の利用料について紹介いたします。ここ数か月の料金を調べたところ、ざっくりですが、ガラケー2人で約7000円、格安SIMが2人で1200円、2人で合計8200円が通常運転時の料金です。この体制になったには2017年の2月からで、それ以前の体制についてもご紹介します。2017年1月までは、私は現行と変わりありませんが、妻がスマホを使っていました。

 

使用は24ヶ月間で、2年縛り解放時にガラケーに移行するよう説得しました。説得の主な理由は言うまでもなく利用料金のコストダウンのためです。スマホ自体の料金もさることながら、スマートパスや一緒に支払いといった何でもスマホで決済できるシステムがはびこっています。そのせいで、金銭感覚の甘い人間が扱うと、とんでもない料金が降りかかるようになってしまっています。

 

我が家もそのクチで、妻の月額料金が1万円を下回る月がないほどでした。この事態を何とかするために、キャリアの金食い虫を内蔵している邪悪なスマホから、我が愛しの妻を救い出すことを決意しました。愛する妻を救い出すカタルシスに浸る以前に、冷静に数字を見つめみましょう。私のガラケー2500円、格安SIM1枚500円、妻スマホ1万1000円、合計1万4000円。改めて見てもなんとも度肝を抜かれる金額です・・・。

 

ドコモ回線でおすすめの格安SIM

 

au回線でおすすめの格安SIM

格安SIMで月額6000円節約できた

現在の料金と比較すると、現在8200円、旧体制1万4000円、差額5800円、と、格安SIMに変更することで約6000円の節約になりました。初期投資として妻のために新タブレットPC購入で3万円ほど、投資しましたが、差額が6000円なので、5ヶ月で損益分岐点を迎えます。新体制になってから8ヶ月ほど経過していますので、初期投資分は回収を完了している計算になり、コスト低減はひとまず成功しています。

格安SIMの使用感について

次に使用感ですが、私は長いことスマホに触れていませんので、キャリアのスマホと格安SIMの比較でコメントすることができません。なので、妻にインタビューしてみました。妻曰く、「ぜんぜんフツー。それより画面がデカくてテンション上がる!」とのことでした。お昼時とか、緊急時は優先度が下がってつながりにくくなるみたいだよと妻に教えても、特に気になる様子はなく、液晶の上でスイスイと指を動かしています。

 

そもそも私たち夫婦はスタバやマックでテザリングしながらデスクワークしたり、ゲームのアプリで時間をつぶしたりはしないので、多少速度が落ちても気にならないレベルのユーザー層です。私たち夫婦が、現在使用している通信機器の使用状況は、今後しばらく変化がないものと予想しています。

格安SIMに変更して大満足です

私たち夫婦は、2人ともタブレットPCの8インチ液晶と、ガラケーを通話使用に特化させているスタイルが、ことのほか気に入っていますし、格安SIMに変更したことで大変満足しています。理由は大きく3点あります。

 

  1. 格安SIMで懸念していた通信速度低下に関して、妻曰くキャリアスマホと遜色なく、不満がないこと
  2. 画面が大きくなることで、主な使用場所である自宅での視認性と操作性が向上したこと
  3. キャリア時代と比べて月額の料金が大幅に低減できたこと

 

の3点です。ですが、私はまだ現在の料金に満足しているわけではありません。さらなるコスト低減策を見つけるために、これからも格安SIM各社のリサーチを続けていこうと思います。

 

DMMモバイルの詳細を見る

 

>>DMMモバイル以外のレビュー・口コミを見る