格安SIMに乗り換えました。格安SIMは通信速度と値段、そして信頼度。

人気記事

格安SIMは通信速度と値段、そして信頼度

20代女性

 

格安SIMレビュー】愛知県 20代/女性 ms1992さん

MVNO

IIJmio

格安SIM

音声通話SIM

プラン

ミニマムスタートプラン

端末

iPhone SE

満足度

4.5満足


高校生の時からずっとソフトバンクを使っていました

私は高校生の時に初めて親に携帯電話を買ってもらいました。初めての携帯はスライド式の携帯でした。2年使って、所謂ガラケーと呼ばれる折りたたみ式の携帯に変えました。なんとなく、中学のときの仲の良い友だちがソフトバンクユーザーが多かったのでソフトバンクを選択し、そのあと社会人2年目になるまでずっとソフトバンクの携帯を使用していました。

 

ソフトバンクは、21時〜25時の間以外は、「タダトモ」という制度があり、通話料が無料になるので高校〜大学あたりは有り難いなあと思っていました。しかし、その後大学時代にスマートフォンが流行り初めて、LINEが普及するようになりました。LINEの普及により、「通話料無料は当たり前」という風潮になりました。

 

ドコモ回線でおすすめの格安SIM

 

au回線でおすすめの格安SIM

弟がSIMフリーにして興味が湧いた

別段ソフトバンクに不満があったわけではないけど、「LINEは音質もよいし接続にも不満はない。何よりタダ」という理由でソフトバンクに拘る必要を感じなくなりました。かといって、ドコモやauにする理由もなく、ずるずるとソフトバンクを使い続けました。ガラケーだったときの月額料金はおよそ5000円前後。その後スマートフォンを使用するようになって、だいたい1万円ほどの使用料を払っていました。

 

毎月1万円は、正直な痛い出費だけど、必要経費だし、仕方がない。そういう気持ちでした。しばらくきて、まず弟がSIMフリーにしました。「すごく安いんだよ」と言われ、若干興味が湧きました。SIMフリーとは、SIMカードのみの契約で携帯電話自体は自分で用意しないといけません。例えば以前使っていたスマートフォンがとか、例えば新しく購入したSIMカードの入っていない携帯電話とか。

 

私はその時は詳しく知らなかったので、弟が選択した端末がなぜかたまたま海外の端末だったのもあり(今改めて聞いてみたら、海外ドラマで見て憧れていたそうです)、ボタンがパソコンのキーボードのようで、値段は安いと聞いたもののとても使いにくそうだという印象を持ってしまいました。

 

SIMフリーとは?

 

SIMフリーのメリットとデメリット

周囲で格安SIMを選択する人が増えてきた

その後もしばらくは私の周囲でもキャリアが人気でした。しかしながら、ぽつぽつとですが確実に、格安SIMを選択する方が増えてきました。私の仲のよい先輩もそのうちの1人です。お昼を一緒に食べている時に、携帯の話になりました。先輩は私同様にiPhoneを使用していましたが、「実は格安SIMなの」と言いました。

 

その際に先輩から月額使用料(たしか3000円ほどと言ってたと思います)を聞いて、ちょうど金銭的に生活がきつかったのもあり、格安SIMに俄然興味を持ちました。そこから、私の格安SIMを検索する日々がはじまりました。ソフトバンクで購入したiPhoneが規定の2年を過ぎるころでもあり、「変えるなら今しかない!」と思いました。いろいろ調べる中で様々な種類があることを知りましたが、とにかくどこも安い!の一言でした。

IIJmioの格安SIMにしたのは通信速度と値段、そして信頼度

結局いろいろ検討した末に私は「IIJmio(アイアイジェイミオ)」の音声通話SIM「みおふぉん」を選択しました。理由は、通信速度と値段、そして母体である会社の信頼度です。格安SIMにするにあたり、まずスマートフォン本体を自分で購入する必要があります。私はなんとしても馴染みのあるiPhoneが良かったので、AppleのホームページからiPhoneを注文しました。

 

その後、(本当はwebでもできますが)実際に説明を聞いて契約したかったのでビッグカメラに赴いて店員さんの説明を聞いた後みおふぉんを契約しました。その後の設定はとても簡単でした。お店でするわけではなく、自宅に帰ってからしましたが説明書を見ながら特に困ることもなく設定することができました。

 

iPhoneを格安SIMで使う

 

iPhoneを格安SIMで使う場合に確認しておきたいAppleID

IIJmioの格安SIMにしてから半年経った感想

現在、IIJmioの格安SIMにしてから半年ほど経ちますが、なにひとつ不満に思うことはなく「とにかく格安SIMにしてよかった!」と思います。家族や仲の良い友人にもみんな勧めています。なぜかというと、機能面で今までと変わりなく料金がとにかく安くなるからです。どれくらい安いかというと、月に2000円しません。私はスマホ中毒で、四六時中それこそ24時間iPhoneを手放さないにも関わらず、です(といっても自宅にいる際はWi-Fiにつないでいますが)。

 

格安SIMは自分の使う通信量によって契約することができるのです。私の場合、IIJmioでのプランは3GBの「ミニマムスタートプラン」なのですが、キャンペーンの6ヶ月間2GBプレゼントというものが適用されて現在は5GBです。でも、出先で動画などを頻繁に見ない限りは、(夜のみ自宅でWi-Fi。日中は仕事があるため1時間に5〜10分触る程度なら)毎月半分以上余るのでやはり1番データ容量が少ないミニマムスタートプランにしてよかったです。

安くしたいなら格安SIMは本当におすすめ

会社によっては、使った分だけというプランを出しているところもあるので、あまり使わないという方はそういったプランの方がいいかもしれません。まとめますと、私はとにかく格安SIMにして本当によかった!と思っています。とにかく携帯代が安くなるからです。あえて格安SIMのデメリットをあえてあげるとしたら、格安SIMと組み合わせる端末を自分で用意しなければならないことでしょうか?

 

もちろん気に入った端末があればセット購入することも可能ですが。私は新しいものが欲しかったのでAppleで購入しましたが、現状使っているキャリアスマホのSIMロックも数千円で解除することもできます。そうすると初期費用も大してかからずに済ませますので、携帯代を安くしたいなら格安SIMは本当におすすめです。

 

IIJmioの詳細を見る