格安SIM選びで失敗しない6つのポイントについて説明していきます。

格安SIM選びで失敗しない6つのポイント

格安SIMでチェックしたい6つのポイント

 

格安SIMは多種多様なプランやサービスが存在します。その為、「料金」、「サービス」、「通信速度」、「実店舗の有無」や「無料通話の有無」など人によって注目するポイントは様々です。ただし、注目する点が多くて迷ってしまうのも事実です。なのでこのページでは「格安SIMのココさえ押さえれば間違いない!」という6つのポイントについて紹介していきます。格安SIM乗り換えを検討している人は参考にしてみて下さい。

 


ポイント1【LTE回線】 

格安SIMの回線て何種類あるの?

ドコモ、au、Yモバイルの3種類です

 

格安SIM選びで最初に決めなければならないのが、「どの回線を使うか?」です。格安SIM選びで最初に回線を決めるのが意外と重要なポイントになります。例えば、今使っているキャリアと同じ回線の格安SIMを選べば、今キャリアで使っている端末をそのまま使うことができます。

 

一部対応していない機種もありますが、今使っている端末をそのまま使えば無駄な出費も防げますし、愛着のある機種をそのまま格安SIMでも使いたいという人も多いと思います。キャリアの公式ホームページでも確認できますので格安SIMに乗り換えを検討している人は一度確認してみることをおすすめします。

 

格安SIMの回線はドコモ、au、Y!mobile(Yモバイル)の3種類です。ほとんどのMVNOで対応しているのはドコモ回線です。ドコモ回線以外を扱っているMVNOは、au回線はmineo、UQモバイル、Fiimo(フィーモ)の3社、Y!mobileに関してはY!mobileのみと少数です。ただし、mineoはドコモ、auどちらの回線にも対応しているので使う端末の状態に縛られることなく選ぶことができます。

 

⇒格安SIMでそのまま使えるドコモ・au端末

 

⇒ドコモ回線でおすすめの格安SIM

 

⇒au回線でおすすめの格安SIM

ポイント2【初期手数料】 

格安SIMを扱うMVNOと契約するには、基本的に初期手数料を支払う必要があります。ほとんどの格安SIMは手数料を3000円に設定されていますので「格安SIM契約時には3000円かかる」と覚えておいてもよいでしょう。ただし格安SIMの中にはSo-net(ソネットモバイルサービス) の「0 SIM」のように初期手数料が無料のプランもありますし、MVNOで行っているキャンペーン期間中は無用になるという格安SIMもありますので、こまめにチャックしてみてましょう!

ポイント3【最低利用期間/違約金】 

格安SIMで契約する時に最も気にしたいのが、契約期間です。これは各MVNOで設定されている期間以内に解約やプラン変更を行うと違約金を取られるというものです。期間も1年以上設けているMVNOもあれば、最低利用期間や違約金がないというMVNOまで様々です。2年縛りが煩わしくて、格安SIMへの乗り換えを考えている人や「試しに格安SIMを使ってみたい」という人は特に気にしたいポイントです。

 

⇒キャリアとMVNOの違約金について

 

 

ホーシム

 

違約金の金額も0〜9800円と様々です。ちなみに最低利用期間がない格安SIMはmineo(マイネオ)です。

 

最低利用期間は、主に音声通話SIM(データSIMはない場合が多い)で契約した場合に発生す場合が多いですが、MVNOによってはデータSIMでも発生するので注意が必要です。

ポイント4【価格とデータ容量】 

格安SIM乗り換えを考えている人の一番多い理由は「料金を安くしたい!」というものです。なので格安SIMを選ぶ際に価格を1番気にする人も多いと思います。価格については、DMMモバイルが全プラン最安値クラスですが、正直、どの格安SIMもそこまで価格に開きはありません。だいたい月額で50〜100円位です。

 

価格はもちろん大切ですが、それよりも自分にピッタリのデータ容量でプランを選ぶことが重要です。使いもしない容量のプランを申し込んで無駄を出していたのでは「料金を安くする」という本来の目的が本末転倒になってしまいます。選ぶ基準としては普通からインターネットをする人なら3GBを基準としてプランを決めるとよいでしょう。あまりしないなら1〜2GB、動画の視聴やゲームなどもするヘビーユーザーなら5GB以上〜という感じです。

 

各MVNOでのデータ容量に関して、料金設定は一定ではありません。3GBで値段が同じでも5GBでは安いとか高いとかMVNOで値段がまちまちになっています。なので、自分が必要なデータ容量をしっかりと把握した上で、格安SIMの価格を比較していく必要があります。キャリアの公式ページで現在使っているデータ容量の確認ができるので格安SIM乗り換え前に1度確認することをおすすめします。

 

MVNO

1GB

3GB

5GB

DMMモバイル

480円/月

850円/月

1270円/月

楽天モバイル

ベーシックプラン

900円/月

1450円/月

mineo

800円/月

900円/月

1580円/月

IIJmio

なし

900円/月

1520円/月

UQモバイル

なし

980円/月

データ無制限プラン

OCNモバイルONE

110MB/日コース

1100円/月

1450円/月

※価格はデータSIMです

 

ポイント5【データ繰り越し】 

データ繰り越しは、契約したデータ容量が余ってしまった場合、余ったデータ容量を翌月に繰り越して使えるという大変お得なサービスです。例えば3GBのプランで契約して月に2GBしか使わなかった場合、余った1GBが翌月に持ち越されます。ですので翌月使えるデータ容量は契約した3GBに持ち越した1GBをプラスした4GBになります。

 

現在では多くのMVNOでデータ繰り越しのサービスを行っていますが、また対応していないMVNOもあります。これから格安SIMを選ぶ場合には、データ繰り越しが出来るのがメリットというより、対応していない=デメリットという視点で選ぶとよいでしょう。

ポイント6【バースト機能と追加チャージ】 

ほとんどの格安SIMの場合、契約したデータ容量を使い切ってしまうと200kbpsという速度制限が課せられます。200kbpsという通信速度はメールなどをするのには問題ありませんが、インターネットの検索等には非常にストレスを感じる速度です。動画やゲームなどはもちろんできません。このような状態になった特に解決策は2種類です。それは「バースト機能」と「追加チャージ」です。

 

「バースト機能」は制限速度がかかった状態でも、アクセスを開始する最初の数秒間は高速通信になります。なので低速時でもストレスをあまり感じることなくネット検索などを行うことができます。また高速通信を普段OFFの状態にして「バースト機能」機能を上手く使えばデータ容量の節約もできます。

 

「追加チャージ」は、データ容量を新たに買い足すものです。大体100MB/300円から必要な分だけ購入できますので、低速制限の期間があと1週間といった様な時にストレスを感じること無くインターネットが楽しめます。「バースト機能」と「追加チャージ」はどちらも非常に便利な機能です。

 

これから乗り換えを検討している格安SIMが、これらのサービスに対応しているかどうかによって快適さが違いますので、特に普段からインターネットや動画を楽しむ人には格安SIM選びで重要なポイントになります。

 

格安SIMでチェックしたい6つのポイントのまとめ

格安SIM選びのポイントをまとめると以下の表のようになります。料金についてはポイント4や各MVNOを参照してください。表を見てもらえばわかりますが各MVNOでそんなに差はありません。

 

MVNO

回線

初期手数料

最低利用期

違約金

データ繰り越し

バースト機能

追加チャージ

DMMモバイル

ドコモ

3000円

13ヶ月

9000円

楽天モバイル

ドコモ

3000円

12ヶ月

9800円

追加チャージ

のみ

mineo

ドコモ/au

3000円

なし

0円

追加チャージ

のみ

IIJmio

ドコモ

3000円

12ヶ月

残月数×1000円

UQモバイル

au

3000円

12ヶ月

9500円

追加チャージ

のみ

結局どの格安SIMがいいの?

 

それでも「どの格安SIMがいいか迷ってしまう」という人に向けてプッシュしたいのが「DMMモバイル」と「mineo」です。この2つの格安SIMを押す理由は「価格」と「最低利用期間」です。

【価格】DMMモバイル

DMMモバイル
格安SIM乗り換えで「スマホの料金を安くしたい!」という人が大半を占めます。DMMモバイルは格安SIMの中でも全プランが最安値クラスです。さらにデータ繰り越し、バースト機能と追加チャージなどこのページの中で説明している全てのサービスに対応しています。

 

 

DMMモバイル公式ホームページ

 

【最低利用期間】mineo(マイネオ)
マイネオ

キャリアの2年縛りに煩わしさを感じて格安SIMへの乗り換えを考えている人も多いのではないでしょうか?そんな人にピッタリなのがmineoです。最低利用期間と違約金はほとんどの場合音声通話SIMと契約(一部のMVNOではデータSIMでも発生)した場合に発生します。

 

mineoなら「せっかく格安SIMに乗り換えるのにまた縛りがあるの?」という人も気軽に契約することができます。さらに、現在行われているキャンペーンでは音声通話SIMに申し込んだ場合、毎月800円の割引が6ヶ月間受けられるという破格の条件で申し込みができます。ドコモ、au回線どちらにも対応しているので、現在ドコモやauで使っている端末をそのまま使いたいという人にもおすすめです。

 

 

マイネオ公式ホームページ

関連ページ

そもそもSIMって何?
SIMフリーとは?
SIMフリーのメリットとデメリット
格安SIMのデータ容量はどの位必要?
MVNO(一次業者と二次業者)とは?
格安スマホの選び方について
どんなスマホなら格安SIMが使えるの?
SIMロックの解除方法(ドコモ、au、ソフトバンク)
格安SIMはどこで買える?
電話アプリで格安スマホの通話料金を安く
MNPの手順と料金(ドコモ、au、ソフトバンク)
格安SIMでそのまま使えるドコモ・au端末
格安SIMの支払いにおすすめのクレジットカード
格安スマホとタブレットの違い
格安スマホなら人と違った端末が選べる
格安SIMのデータ専用と音声通話機能について
知らないと損をするキャリアとMVNOの違約金について
格安スマホでかけられない電話番号
無料Wi-Fiで通信料を節約
自宅で格安スマホをWi-Fiで使う
実は違うWi-FiとWiMAX!格安SIMのお供ならWiMAXが適任!
ルーター代わりに格安SIM無制限プランのテザリングは使える?
iPhoneを格安SIMで使う
実は一押し!ガラケーとタブレットの2台持ちについて
ガラケーのプランを見直す(ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル)
格安SIMには様々なプランがある
格安SIMに乗り換えてもキャリアメールは使える!?その手順を大公開
格安SIMをネット購入する際の注意点!特にMNPは要注意
格安SIMのLTE使い放題ってどうなの?
どこが速い?格安SIMの通信速度ランキング
格安SIMって海外で使えるの?
ポケモンGOで格安SIMがお得!MVNOで関連キャンペーン実施中
ガラケーに格安SIMは使える?ガラホがおすすめの理由
格安SIMデメリットまとめ
かけ放題の格安SIM!おすすめはどこ?
iPhoneを格安SIMで使う場合に確認しておきたいAppleID
楽天カードと楽天モバイルの組み合わせがお得!ポイント還元率は驚異の5%
ソフトバンク回線の格安SIM!?「U-mobile S」とは
【要注意】選んじゃダメ!悪い所が気になる格安SIMとは
Apple SIMって格安SIMなの?
mineoのプレミアムコースってどうなの?