格安SIMでポケモンGOのキャンペーンを行っているMVNOを紹介します。

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

ポケモンGOで格安SIMがお得!MVNOで関連キャンペーン実施中

ポケモンGOのキャンペーン

 

配信されるや否や、いちやく社会現象となった「ポケモンGO」。そのブームは日本のみならず、先行して配信されたアメリカでも多くの人がポケモンGOをプレイしています。ですがそれ以上に注目なのがアメリカの大手キャリア「T-Mobile」がポケモンGO利用時のパケット通信料を1年間無料にするサービスを開始したというのが話題になりました。

 

ポケモンGOは外でプレイすることを前提としたゲームです。つまりWi-Fi環境下でプレイできないことが多いので、このサービスはすごくありがたいですね。そんな空前のブームを巻き起こしているポケモンGOですが、日本の格安SIMにも無関係ではありません。実はポケモンGO利用時のサービスを提供し始めたMVNOがあるのです。このページではそんなポケモンGOの関連したキャンペーンを行っている格安SIMを紹介していきます。

 


DTI SIM

日本でのポケモンGO配信が発表された際、真っ先にこれに関するサービスを発表したのがDTI SIMです。その発表日が2016年7月19日。日本で配信開始が22日だったことを考えるとかなり早い動き出しですね。

 

そして気になるサービスの内容ですが、その名も「DTI SIMノーカウントプラン」。T-mobileと同じくポケモンGOのパケット通信料が1年間無料となるというシンプルなものとなっています。ポケモンGO以外の通信も最大5GBまで利用可能で、データ通信SIMが1220円、音声通話SIMが1920円です(従来の5GBのプランと同じ料金)。

 

ただしこのプランはまだ準備中で、正式な開始時期は秋ごろ予定とのこと。それまでは「DTI SIMノーカウントβ」というプランが提供されています。こちらのプランではポケモンGOのパケット通信料はカウントされるものの、本来の通信容量5GBに加えてさらに5GBを加えた10GBもの通信を利用することができるというプラン。

 

加えて音声通話SIMの申込者にはモバイルバッテリーがプレゼントされるということで、ものすごくお得感があります。ポケモンGOはバッテリーの消費が激しいのでこれはうれしいですね。またノーカウントβに加入した方は、ノーカウントプランの準備ができ次第そちらに移行していくことになります。

 

そのため料金はノーカウントプランと同じくデータ通信SIMが1220円、音声通話SIMの場合だと1920円になります。ただしモバイルバッテリーの用意がまだできていないらしく、SIMカードの到着から約1か月後の発送になるとのことです(プランの申し込み自体は8月2日から開始)。

 

しかし、このプランにはとても大きな欠点もあります。それは他のキャンペーンと併用できないという点です。DTIといえばお得なキャンペーンに定評があり、現在でも半年3GB分のデータ通信が無料になる「半年無料お試し」やネット使い放題プランが半年間980円引きになる「期間限定キャンペーン」などを実施しています。

 

しかしこちらのキャンペーンはノーカウントプランとは全く別に受付を行っており、1つのSIMカードで両方に申し込むことはできません。現在DIT SIMを利用しているという方が、プラン変更でノーカウントプランを利用するということも不可です。

 

 

ホーシム

 

DTI SIMというとどうしても他のMVNOの後追いというイメージがあったのですが、この速さにはびっくりしました。ただ、ちょっと見切り発車なのでは?という感じはしますね。もう少し準備をしてから発表してもらいたかったところです。

 

う〜ん、こうしてみるとポケモンGOのキャンペーンとしては少し弱いかなという印象ですね。もともとポケモンGOの消費パケットはそれほど多くありません。なので基本料金の割引を捨ててでも、ポケモンGOのパケット通信料無料を取るべきかといわれると…。少し首をかしげてしまいます。

 

しかもモバイルバッテリー目当てで申し込んだとしても、音声通話SIMに申し込むことになるので、1年以内に解約してしまうと違約金9800円がかかってしまいます。1年間ポケモンGOで遊び倒すぞ!という方には向いているプランかもしれませんが。。。


FREETEL

またFREETELも同様にポケモンGO専用のキャンペーンを、DTI SIMより少し遅れて22日に発表しました。キャンペーン内容はこちらも同様にポケモンGO時の通信料が無料になるという内容です。しかもこちらは特に期限が指定されているわけではなく、おそらくずっとカウントフリーで利用できます。

 

もともとFREETELはLINEなどのメッセンジャーアプリ利用時にも通信料が加算されないサービスを提供していましたし、ポケモンGOも同様の形になるみたいですね。DTI SIMと違って特別な申し込みは必要なく、FREETELに加入者した人は自動的にこのサービスが適用されます。

 

そのため他のキャンペーンとの併用も可能。現在は「最大3年間0円キャンペーン」といって、条件をクリアすれば最大3年間料金が299円引きになるキャンペーンがあるのですが、こちらのキャンペーンを利用しながら、ポケモンGOのキャンペーンも利用することができるというわけです。サービス開始は8月下旬〜9月上旬の予定となっています。

b-mobile

b-mobileではキャンペーンではないのですが、ポケモンGO専用のSIMカード「ゲームSIM」が8月10日に発売されます。これはポケモンGO以外のデータ通信が一切不可というまさにポケモンGO専用のSIMカードです。電話やメール、LINEの利用、そしてウェブページへのアクセスは一切できません(例外的にGoogle PlayやApp Storeなどはアクセスが可能)。

 

プリペイド形式のSIMカードで、かかる費用は購入時の1500円のみです。あとはLTEデータ通信を30日間あるいは1GBに達するまで使用することが可能です。もし気に入ったのであれば、利用期間中もしくは終了後10日以内に500円をチャージすれば、そのまま継続して利用可能となります(1GBがチャージされる)。

 

 

ホーシム

 

これから格安SIMへの乗り換えを検討している人にむけて「ポケモンGOのキャンペーンを行っているMVNOもありますよ!」ということで紹介しました。

 

現段階で、ポケモンGOのキャンペーンとしてはFREETELが一番無難な感じがしますね。

 

b-mobileの場合、すっかり持て余してしまっている昔のスマホやタブレットがあるという方にはお勧めのSIMカードなのですが、スマホの型が古すぎるとポケモンGOに非対応の場合があるので注意が必要です。

 

関連ページ

そもそもSIMって何?
SIMフリーとは?
SIMフリーのメリットとデメリット
格安SIMのデータ容量はどの位必要?
MVNO(一次業者と二次業者)とは?
格安スマホの選び方について
どんなスマホなら格安SIMが使えるの?
SIMロックの解除方法(ドコモ、au、ソフトバンク)
格安SIMはどこで買える?
電話アプリで格安スマホの通話料金を安く
MNPの手順と料金(ドコモ、au、ソフトバンク)
格安SIMでそのまま使えるドコモ・au端末
格安SIMの支払いにおすすめのクレジットカード
格安スマホとタブレットの違い
格安スマホなら人と違った端末が選べる
格安SIMのデータ専用と音声通話機能について
知らないと損をするキャリアとMVNOの違約金について
格安スマホでかけられない電話番号
無料Wi-Fiで通信料を節約
自宅で格安スマホをWi-Fiで使う
実は違うWi-FiとWiMAX!格安SIMのお供ならWiMAXが適任!
ルーター代わりに格安SIM無制限プランのテザリングは使える?
iPhoneを格安SIMで使う
実は一押し!ガラケーとタブレットの2台持ちについて
ガラケーのプランを見直す(ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル)
格安SIMには様々なプランがある
格安SIMに乗り換えてもキャリアメールは使える!?その手順を大公開
格安SIMをネット購入する際の注意点!特にMNPは要注意
格安SIMのLTE使い放題ってどうなの?
どこが速い?格安SIMの通信速度ランキング
格安SIMって海外で使えるの?
格安SIM選びで失敗しない6つのポイント
ガラケーに格安SIMは使える?ガラホがおすすめの理由
格安SIMデメリットまとめ
かけ放題の格安SIM!おすすめはどこ?
iPhoneを格安SIMで使う場合に確認しておきたいAppleID
楽天カードと楽天モバイルの組み合わせがお得!ポイント還元率は驚異の5%
ソフトバンク回線の格安SIM!?「U-mobile S」とは
【要注意】選んじゃダメ!悪い所が気になる格安SIMとは
Apple SIMって格安SIMなの?
mineoのプレミアムコースってどうなの?
格安SIMの詳細とメリットやデメリットまとめ