格安SIMでのテザリングについて説明していきます。

あなたはドコモ回線?au回線?

ドコモ回線の格安SIM
au回線の格安SIM

格安SIMでテザリングは使える?

格安SIMでテザリングは使える?

 

スマホをルーター代わりに使えるテザリングという方法をご存知でしょうか?テザリングを使えば外出先でもタブレットやゲーム機をネットにつなぐことができ大変便利なのですが、いったいどういう仕組みでネットに接続しているのか疑問に思う人も多いと思います。また、利用する際に特別な料金がかかるのかもユーザーとしては気になるところでしょう。このページではそんなデザリングについて説明していきます。


テザリングとは?

一般的に家でタブレットやゲーム機を利用する際、Wi-Fiを利用するという人が多いと思います。しかしながらご存知のようにWi-Fiのルーターだけを持っていても、電子機器をインターネットに接続させることはできません。Wi-Fiルーターを利用するには、自宅にインターネットモデムとWi-Fiルーターを接続しなければなりません。

 

つまりWi-Fiを利用するには、自宅にインターネット回線(ADSLや光回線)が敷かれていることが最低条件になります。Wi-Fiルーターができるのは、そのインターネット回線からの電波を無線で利用できるようにするということだけなので、基本的にはスマホのテザリングの仕組みもそれと変わりません。スマホは固定回線ではなく各キャリアの電波基地局から発信される電波を受信してネットに接続しています。

 

そしてテザリングをオンにすると、その基地局からの電波をゲーム機やタブレットでも受信できる電波に変換しているという仕組みです。Wi-Fiルーターもテザリング時のスマホも、電子機器をインターネットに接続させる電波の中継地点と考えればもらえれば間違いありません。

 

無料Wi-Fiで通信料を節約

 

実は違うWi-FiとWiMAX!格安SIMのお供ならWiMAXが適任!

テザリングの注意点

格安SIMでも基本的にはテザリングを利用することができますが、1つ注意点があります。それはキャリアで使っている端末にそのまま格安SIMを差し込んで使う場合、「ドコモのAndroid端末」と「auのiPhone」はテザリングができません。逆にドコモのiPhone、auのAndroid端末はそのまま格安SIMを差し込んでもテザリング可能です。そのためもし格安SIMでテザリングを多用する予定なら、新たにSIMフリー端末を購入することを推奨します。

 

また格安SIMの場合、テザリングは契約すれば自動的についてくるので特別な手続きなどは必要ありません。特別に料金が発生するということもありません。しかしながら当然、テザリングを行っている間はずっとインターネットに接続している状態なので、通信量はどんどん加算されていきます。特にテザリングでノートパソコンをネットにつなぐ場合は注意が必要です。

 

なぜならノートパソコンの場合、スマホ用のページと違って画像や情報量が多く、読み込むだけでもそれなりの通信料を消費してしまいます。その為、普通にネットサーフィンをしているだけでも1GBや2GBというデータ通信量まではあっという間に達してしまうことも珍しくありません。

テザリングをするならどこの格安SIM?

それでもテザリングが便利なことには変わりません。生活スタイルによってはテザリングが必須という方もいるでしょう。もし格安SIMに乗り換えた後も、そのように頻繁にテザリングを利用するのなら、いっそのこと格安SIMの無制限プランを選ぶというのも1つの手かもしれません。無制限プランのあるMVNOとしては「ぷららモバイルLTE」、「U-mobile(ユーモバイル)」、「b-mobile」、「UQモバイル」、「@モバイルくん。」などが代表的でしょうか。

 

ただし無制限プランでも短期間での通信量が規定を超えてしまうと通信制限がかかってしまうというところもあります。例えばU-mobileには3日間で2GB、UQモバイルも3日間で1GB以上の通信を行うと速度制限です。b-mobileはこういった制限はないのですが、通信実行時においてアプリごとに処理が最適化される仕様となっており、動画を視ようとするとかなりのカクつきが発生するという声もあり、テザリングでの利用は少し厳しいかなという印象があります。

 

では残りの2つはどうなのかというと、ぷららモバイルは最大速度3Mbps、@モバイルくんは14.4Mbpsとなっており、LTE通信が可能なU-mobileやb-mobileと比べるとやや遅めの通信速度です(一般的にLTE通信は150〜225Mbpsの速度が出るでます)。この速度だとウェブページを見るくらいなら全く問題はないのですが、動画の視聴となるとストレスを感じる速度です。基本的にどの格安SIMを選んでも、テザリングでウェブページの閲覧なら全く問題なく行うことができます。しかし動画の視聴となると少し厳しくなります。格安SIMでもキャリアと同様にテザリングを利用したいのなら、最初から用途を限定して使っていくことがおすすめします。

関連ページ

そもそもSIMって何?
SIMフリーとは?
SIMフリーのメリットとデメリット
格安SIMのデータ容量はどの位必要?
MVNO(一次業者と二次業者)とは?
格安スマホの選び方について
どんなスマホなら格安SIMが使えるの?
SIMロックの解除方法(ドコモ、au、ソフトバンク)
格安SIMはどこで買える?
電話アプリで格安スマホの通話料金を安く
MNPの手順と料金(ドコモ、au、ソフトバンク)
格安SIMでそのまま使えるドコモ・au端末
格安SIMの支払いにおすすめのクレジットカード
格安スマホとタブレットの違い
格安スマホなら人と違った端末が選べる
格安SIMのデータ専用と音声通話機能について
知らないと損をするキャリアとMVNOの違約金について
格安スマホでかけられない電話番号
無料Wi-Fiで通信料を節約
自宅で格安スマホをWi-Fiで使う
実は違うWi-FiとWiMAX!格安SIMのお供ならWiMAXが適任!
iPhoneを格安SIMで使う
実は一押し!ガラケーとタブレットの2台持ちについて
ガラケーのプランを見直す(ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル)
格安SIMには様々なプランがある
格安SIMに乗り換えてもキャリアメールは使える!?その手順を大公開
格安SIMをネット購入する際の注意点!特にMNPは要注意
格安SIMのLTE使い放題ってどうなの?
どこが速い?格安SIMの通信速度ランキング
格安SIMって海外で使えるの?
ポケモンGOで格安SIMがお得!MVNOで関連キャンペーン実施中
格安SIM選びで失敗しない6つのポイント
ガラケーに格安SIMは使える?ガラホがおすすめの理由
格安SIMデメリットまとめ
かけ放題の格安SIM!おすすめはどこ?
iPhoneを格安SIMで使う場合に確認しておきたいAppleID
楽天カードと楽天モバイルの組み合わせがお得!ポイント還元率は驚異の5%
ソフトバンク回線の格安SIM!?「U-mobile S」とは
【要注意】選んじゃダメ!悪い所が気になる格安SIMとは
Apple SIMって格安SIMなの?
mineoのプレミアムコースってどうなの?
格安SIMの詳細とメリットやデメリットまとめ